食肉、レバーなどの生食にご注意ください(平成23年5月)

本文にジャンプします
メニュー
食肉、レバーなどの生食にご注意ください(平成23年5月)

食肉の生食が原因と推定される食中毒事件が多数発生しています。
生の肉は、「腸管出血性大腸菌(O-157など)」「カンピロバクター」など食中毒の原因となる細菌に汚染されている可能性があります。
特に抵抗力の弱いお子さんや高齢者は、溶血性尿毒症症候群(HUS)を併発すると重篤化し、死に至るケースもありますので、生のままで食べないようにしましょう。

  

【参考】

リンク・新しいウィンドウが開きます …  政府広報:ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒

掲載日:2011年5月20日