「セーフティネット保証5号」の認定基準等が変わります(平成23年4月)

本文にジャンプします
「セーフティネット保証5号」の認定基準等が変わります(平成23年4月)

平成23年4月から、「セーフティネット保証5号」の認定基準等が変わります。

中小企業信用保険法第2条第4項第5号の認定

指定業種

現在の「景気対応緊急保証」が平成23年3月末で終了することに伴い、セーフティネット保証5号の指定業種が48業種に変更される予定でしたが、平成23年3月11日の東日本大震災の発生に伴い、平成23年4月から9月末までは、引き続き全業種(82業種)が指定されることとなりました。

認定基準

認定の基準は、次のとおり変更となります。

認定基準 平成23年3月まで 平成23年4月から
売上高の減少(イ)
(前年同期比)
最近3か月の売上高等が前年同期と比較して3パーセント以上減少 最近3か月の売上高等が前年同期と比較して5パーセント以上減少
原油価格の上昇(ロ) 製品等原価のうち20パーセントを占める原油等の仕入れ価格が20パーセント以上上昇しているのにもかかわらず、製品等価格に転嫁できていない 変更なし
利益率の減少(ハ) 最近3か月(算出困難な場合は直近決算期)の利益率が前年同期と比較して3パーセント以上減少 廃止
新型インフルエンザの影響による売上の減少(二) 新型インフルエンザの影響により最近1か月の売上高等が前年同期と比較して3パーセント以上減少し、その後の3か月間の売上高等が3パーセント以上減少すると見込まれる 廃止
売上高の減少(ホ)
(2年前同期比)
最近3か月の売上高等が2年前同期と比較して3パーセント以上減少 廃止
鳥インフルエンザの影響による売上の減少(へ)
(平施23年2月17日新設)
鳥インフルエンザの影響により最近1か月の売上高等が前年同期と比較して3パーセント以上減少し、その後の3か月間の売上高等が3パーセント以上減少すると見込まれる 廃止
東北地方太平洋沖地震による売上の減少(ハ)
(平成23年4月1日新設)
なし 東北地方太平洋沖地震によって最近1か月の売上高等が前年同期と比較して20パーセント以上減少しており、かつ、その後の2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期と比較して20パーセント以上減少すると見込まれる

すべての認定基準について、「指定業種であること」が要件です。

掲載日:2011年4月11日