米子市美術館特別共催展2「大山山麓の至宝―「大山」ゆかりの刀を中心に―」

本文にジャンプします
米子市美術館特別共催展2「大山山麓の至宝―「大山」ゆかりの刀を中心に―」

※画像をクリックすると大きいサイズの画像が表示されます。
 

「大山山麓の至宝―「大山」ゆかりの刀を中心に―」

鳥取県西部では古くから、大山山麓で産出する砂鉄を使用し、かんな流しとたたら製鉄で鋼を生産していました。こうした背景のもと、平安時代には、反りのある日本刀では日本最古級の名匠として知られる刀工・伯耆安綱を輩出しました。大山を中心に古代から現代へ連綿と続く、こうした地域の歴史や文化の一端をひもといていくことによって、あらためて大山がもたらす恵みを知り、地域の良さを見直します。

とき

期間:平成30年7月29日(日曜日)から8月26日(日曜日)まで(水曜日休館)
時間:午前10時から午後6時まで(最終入館は、午後5時30分まで)

ところ

米子市美術館(米子市中町12番地)

主催

伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会、米子市、米子市教育委員会、一般財団法人米子市文化財団 米子市美術館

共催

鳥取県、大山町、鳥取県教育委員会、鳥取県立博物館

観覧料

一般 800(600)円、大学生 400円(300円)、高校生以下無料

  • ( )内は前売、10名以上の団体、障がいのあるかた(付添1人を含む)の料金
  • 70歳以上のかた、Feel友の会、米子市歴史館友の会会員のかた(要会員証)、鳥取県ミュージアム・ネットワーク加盟館のチケットや年間パスポートをご持参のかたは、当日料金の100円割引(割引重複利用不可)  

前売券販売所

米子市美術館、米子市文化振興課、米子市美術館後援会、米子市立図書館、米子市立山陰歴史館、米子市文化ホール、米子市公会堂、米子市淀江文化センター、米子市児童文化センター、米子市国際観光案内所(JR米子駅構内)、米子高島屋、アルテプラザ(米子天満屋4階)、本の学校今井ブックセンター、今井書店錦町店、今井書店境港店、鳥取県立博物館ミュージアムショップ、とりぎん文化会館、倉吉博物館、倉吉未来中心、安来市観光交流プラザ、安来市総合文化ホール アルテピア、島根県立美術館ミュージアムショップ、一畑百貨店、島根県民会館チケットコーナー、プラバチケットコーナー、松江テルサ、ローソンチケット(Lコード: 63273)

関連イベント

記念講演会「伯耆国、大山ゆかりの刀剣について」

日時:7月29日(日曜日)午後2時から3時30分まで(開場:午後1時30分)
会場:米子市立図書館 2階研修室
講師:酒井 元樹 さん(東京国立博物館主任研究員)
定員:120人(要事前申込)※観覧券または半券が必要です。
申込方法:電話またはEメールで、氏名、住所、電話番号をそえて、次の申込先までお申し込みください。(※定員になり次第締め切ります。)
<申込先>
鳥取県西部総合事務所 地域振興局 大山振興室(米子市糀町1丁目160 1階)
電話:(0859)31-9363
Eメール:seibu-shinkou@pref.tottori.lg.jp

日本刀研師・鞘師実演

日時:8月5日(日曜日)午後1時30分から3時30分まで 
会場:米子市立図書館 2階研修室
講師:研師・森井偲訓さん、研師・森井鐡太郎さん、鞘師・森井敦央さん
定員:80人(対象小学3年以上、小学生は保護者同伴、要申込)※観覧券または半券が必要です。
申込方法:往復はがきに、氏名(2人まで)、年齢(学生の場合は学年も)、代表者の郵便番号、住所、電話番号を記入し、お申し込みください。(※定員になり次第締め切ります。)
あて先:郵便番号683-0054 鳥取県米子市糀町1丁目160 1階
鳥取県西部総合事務所 地域振興局 大山振興室「日本刀研師・鞘師実演受講申込」係

ギャラリートーク(森井偲訓さん、鳥取県立博物館・米子市美術館学芸員等)

日時:8月18日(土曜日)午後2時から
会場:本展展示室内
※当日直接会場にお越しください。当日有効の観覧券が必要です。

ホームページ

リンク・新しいウィンドウで開きます … 米子市美術館

お問い合わせ先

米子市美術館

電話:(0859)34-2424
ファクシミリ:(0859)33-0679
Eメール:art-museum@yonagobunka.net

掲載日:2018年7月9日