2018FIFAワールドカップ日本代表に選出された昌子源選手を応援する懸垂幕を掲示しました

本文にジャンプします
2018FIFAワールドカップ日本代表に選出された昌子源選手を応援する懸垂幕を掲示しました

がんばれ、昌子源選手!米子市は昌子選手を応援しています

2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表に、米子北高等学校出身の昌子源(しょうじ  げん)選手が選出されました。

昌子選手は神戸市出身で、米子北高校に進学。同校サッカー部で3年間を過ごし、卒業後はJ1鹿島アントラーズに入団しました。米子市の関係者がW杯日本代表に選出されるのは、2006年ドイツ大会の中田浩二選手(後藤ケ丘中学校卒業)以来の快挙となります。

昌子選手のW杯ロシア大会での活躍を応援しています!

昌子選手を応援する懸垂幕を掲示しました

昌子選手の応援懸垂幕

米子市役所本庁舎西側に懸垂幕を掲示しました。

場所

市役所本庁舎西側(国道9号線側)壁面

掲示開始日

平成30年6月12日(火曜日)

昌子選手からコメントをいただきました!

懸垂幕の掲示にあたり、昌子選手ご本人からコメントをいただきました。

「W杯日本代表に選ばれてホッとしました。わざわざ応援懸垂幕を作成していただき、ありがとうございます。」

伊木市長からの応援メッセージ

「昌子源選手がW杯ロシア大会サッカー日本代表に選出されたことは、郷土の誇りであり、心から祝福いたします。昌子選手のW杯本番でのご活躍と日本代表の勝利を米子市民の皆様とともに祈念いたします。」

米子市長  伊木 隆司

掲載日:2018年6月13日