コイヘルペス ウイルス病まん延防止(平成30年)

本文にジャンプします
コイヘルペス ウイルス病まん延防止(平成30年)

コイヘルペスウイルス病がこれ以上広がらないようにするため、コイ(マゴイおよびニシキゴイ)の持出し等について、平成30年3月30日付けで、鳥取県内水面漁場管理委員会から次のような指示が出されました。

指示の内容

県内の公共用水面およびこれと連接一体をなす水面においては、他の水面)コイの養殖場を除く。)から持ち出したコイを放流し、遺棄してはならない。ただし、公的機関が実施する疾病検査等に供する場合またはコイヘルペスウイルス病のPCR検査で陰性が確認された場合は、この限りではない。

指示期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

指示の目的

コイヘルペスウイルス病のまん延を防止するため

参考

リンク・新しいウィンドウで開きます 平成30年鳥取県内水面漁場管理委員会告示第1号PDF 181キロバイト)

お問い合わせ先

鳥取県内水面漁場管理委員会事務局
電話:(0857)26-7318

更新日:2017年10月4日

掲載日:2018年5月1日