除雪機による事故を防止しましょう!

本文にジャンプします
除雪機による事故を防止しましょう!

冬季の除雪作業で歩行型除雪機(以下、「除雪機」といいます。)を使用中に下敷きになり死亡したなどの事故が毎年発生しています。
また、作業中の本人だけではなく、ご家族などの近くにいた人が巻き込まれて被害に遭う事故も発生しています。

本格的な積雪時期に入っており、除雪機による事故を防止するために、事故事例と注意ポイントを取りまとめましたので、お知らせします。
特に、次の点にご注意ください。

注意ポイント

  1. 服装や作業場の環境をよく確認し、十分な準備・注意をする。
  2. 除雪機の取扱い上の注意を守って正しく使用する。
  3. 除雪作業を行なうことを家族や近隣の人などに声かけして、作業中は周囲に人がいないことを確認し、人を近づけさせないようにする。
  4. 作業中も天候や体調に注意する。

消費者庁では、除雪機による事故防止に関する注意喚起を公表しています。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 「除雪機による事故を防止しましょう!-除雪機や除雪道具の使用中に毎年死傷者が出ています!-」(消費者庁)PDF 1.68メガバイト)

掲載日:2018年2月6日