「よなごの水」×伯耆国「大山開山1300年祭」コラボレーションデザイン完成!

本文にジャンプします
「よなごの水」×伯耆国「大山開山1300年祭」コラボレーションデザイン完成!

「よなごの水」×伯耆国「大山開山1300年祭」のコラボレーション!

大山開山バージョンのラベルと大山の写真

米子市水道局では、米子市の水道水のおいしさをPRするため、平成17年から、ペットボトル水『よなごの水』を製造・販売しています。

米子市の水道水源は地下水ですが、その地下水の源である「伯耆富士  大山」が平成30年に開山1300年を迎えます。

それを記念し、大山の開山を祝う伯耆国「大山開山1300年祭」とのコラボレーションラベルがデザインされました。
期間限定ですので、大山水系の恵みを生かした大変おいしいボトル水をぜひ飲んでいただきたいと思います。

『よなごの水』の概要

毎日新聞社発行『サンデー毎日(平成21年11月1日号)』の「日本一激ウマの水道水はココだ!」の記事において、激ウマ銘柄として紹介されるなど、皆様から大変好評をいただいているおいしい水です。

ペットボトル水『よなごの水』
名称:ナチュラルミネラルウォーター
内容量:500ミリリットル
価格 : 1本  100円(税込み)

販売場所

  • 米子市水道局 営業課窓口
  • 災害救援ベンダー型自動販売機(ダイドードリンコ)設置箇所
    • 米子市水道局 (米子市車尾南二丁目8番1号)
    • 米子市水道局 境港営業所(境港市上道町2025番地7)
    • 米子市立図書館(米子市中町8番地)
    • 米子管工事業協同組合(米子市西福原5丁目9番59号)
    • 米子市文化ホール(米子市末広町293番地 1階ロビー)
    • 米子市公会堂(米子市角盤町2丁目61番地)
    • 米子市内各公民館
      (明道、啓成、車尾、加茂、福生東、福米東、彦名、夜見、成実、尚徳、五千石、巌、大高)

※注…災害救援ベンダー型自動販売機:平常時は一般の自動販売機ですが、大規模災害発生時においては内部の商品を救援物資として無償提供できる販売機。また、この販売機の売上金の一部は「緑の募金」として森林の整備に役立っています。

くわしくは

「よなごの水」の詳細は、水道局ホームページをご確認ください。
リンク … ペットボトル水「よなごの水」

掲載日:2017年12月19日