米子市隣保館合同人権講座を開催します(平成29年10月)

本文にジャンプします
米子市隣保館合同人権講座を開催します(平成29年10月)

人権講座「どんな境遇の子どもも見捨てない!」

アウトリーチと重層的な支援ネットワークを活用した多面的アプローチ
―社会的孤立・排除を生まない支援体制の確立に向けて―

講師の谷口さんは、不登校、ひきこもり、非行、ニート等困難を抱える子ども・若者たちの自立支援・「アウトリーチ」(訪問支援)に取り組まれています。本人たちとの信頼関係にもとづく継続的な支援によって、9割以上を学校復帰、脱ひきこもり、進学、就職などの改善に導かれています。
このたびは、この活動をとおして見えてきた社会的孤立や排除を生まないための支援のあり方について、お話しいただきます。

とき

平成29年10月5日(木曜日)
午後7時から8時30分(午後6時30分開場)

ところ

ふれあいの里(1階大会議室 )

講師

谷口(たにぐち) 仁史(ひとし)さん

講師プロフィール

NHKプロフェッショナル仕事の流儀「寄り添うのは、傷だらけの希望」出演。
佐賀大学在学中からボランティアで不登校、ニート等の状況にある子ども・若者へのアウトリーチ(訪問支援)に取り組む。
大学卒業後、「NPOスチューデント・サポート・フェイス」(略称S.S.F)を設立。
前・さが若者サポートステーション総括コーディネーター、佐賀県子ども・若者総合相談センター長、各種公的委員を歴任。

入場料

無料。事前申込みは必要ありません。

お問い合わせ先

人権政策課同和対策係
電話:(0859)23-5251

掲載日:2017年9月8日