住居確保給付金事業を実施しています

本文にジャンプします
住居確保給付金事業を実施しています

米子市では、離職者であって就労能力と就労意欲があるかたのうち、住宅を喪失しているかた、または、喪失するおそれのあるかたに対して住居確保給付金を支給し、住宅と就労機会の確保を支援します。

住居確保給付金事業

支給対象者

支給申請時に、次の項目にすべて該当するかたが対象です。

  1. 65歳未満でかつ、2年以内に離職されたかた

  2. 離職前に、自らの労働により賃金を得て、概ね主として世帯の生計を維持していたかた

  3. 就労能力および常用就職へ向けて活動をする意欲があり、公共職業安定所へ求職申し込みを行なうかた

  4. 住宅を喪失しているかた、または入居している賃貸住宅を喪失するおそれのあるかた

  5. 申請月における同一世帯全員の収入合計額が次の金額以下であるかた

    単身世帯:月額112,000円
    2人世帯:月額156,000円
    3人世帯:月額183,000円
    4人世帯:月額206,000円
    5人世帯:月額229,000円

  6. 申請日における同一世帯全員の金融資産の合計額が次の金額以下であるかた

    単身世帯: 468,000円
    2人世帯:690,000円
    3人世帯:834,000円
    4人世帯:972,000円
    5人世帯:1,000,000円

  7. 国の住居喪失離職者等に対する雇用施策による貸付または給付(職業訓練受講給付、就職活動困難者支援事業など)、自治体が実施する類似の貸付または給付等を受けていないかた

なお、支給期間中は、常用就職に向けた就職活動を行なっていただきます。

支給額

次の金額を上限に、支給対象者が賃借する住宅の賃料月額を支給します。

単身世帯の上限額

月額  34,000円

2人世帯の上限額

月額  41,000円

3~5人世帯の上限額

月額  44,000円

6人世帯の上限額

月額  48,000円

7人以上世帯の上限額

月額  53,000円

支給期間

3か月(ただし、一定の要件を満たす場合は、3か月ごと、最長9か月まで延長があります。)

支給方法

月ごとに、住宅の貸主または住宅の管理会社の口座へ直接振り込みます。

掲載日:2017年9月1日