熱中症に注意しましょう!

本文にジャンプします
熱中症に注意しましょう!

昨年は、夏の猛暑により、熱中症による緊急搬送や死亡事例などが報告されました。熱中症は、重症化すると命にかかわることもあります。真夏でなくても、湿度が高いときや、室内や夜間においても多く発生しています。めまいや立ちくらみ、こむら返りなどの症状がでたら、まず熱中症を疑ってみましょう。

熱中症の症状 … 最初に、めまいや立ちくらみ、こむら返り、ふいてもふいても汗が出てくるなどの症状が現れます。症状が進むと、頭痛、吐き気がしたり、体がだるくなったりします。重症化すると、突然、意識障害、運動障害などが起こります。

予防と対策

  1. 暑くなる日は注意しましょう

    熱中症は、高温多湿な環境にいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまくいかず、体内に熱がこもることにより発症します。暑さを避けるために、屋外に出るときは日傘や帽子を着用しましょう。
    猛暑日は、特に注意が必要です。保冷剤、氷、冷たいタオルなどをうまくつかい、体を冷やしましょう。
    また、エアコンの効いた室内など、涼しいところに避難しましょう。

  2. のどが渇く前に水分を補給しましょう

    こまめな水分補給をこころがけましょう。ただし、ビールなどのアルコール飲料は、利尿作用を高め、体から水分が失われるのを助長するため逆効果です。

  3. 「おかしい」と感じたら、すぐに病院に行きましょう

    熱中症は、めまい、頭痛、吐き気などの症状から、ひどいときには意識を失い、命にかかわることがあります。
    少しでも「おかしい」と感じたら、涼しいところに避難し、症状がおさまらなければ、医療機関を受診しましょう。重症の場合は、救急車を呼びましょう。

  4. まわりの人にも気配りをしましょう

    熱中症患者のおよそ半数は、65歳以上の高齢者です。ひとり暮らしの高齢のかたなどには、地域での声がけも大切です。また、小さいお子さんについては、保護者のかたも一緒に注意をしましょう。
    スポーツ行事等を実施するときは、気温や参加者の体調を十分に考慮しましょう。


【参考】

リンク・新しいウィンドウで開きますひと涼みしよう。(熱中症予防 声かけプロジェクト)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症を防ぎましょう(鳥取県ホームページ)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症関連情報(厚生労働省ホームページ)

掲載日:2017年6月8日