災害廃棄物の受入れに関する市政提案への回答

本文にジャンプします
災害廃棄物の受入れに関する市政提案への回答

災害廃棄物の受入れに関する市政提案(市長にひとこと)に対し、次のとおり回答を送付いたしました。

市政提案に対する回答

このたびは、市政提案をいただきありがとうございました。
災害廃棄物の広域処理に関する本市の状況につきまして、次のとおりお答えいたします。

災害廃棄物の処理につきましては、環境省が、「概ね7月中を目途とする、広域処理を含めた災害廃棄物のより具体的な全体像を示す計画の策定にあわせて、必要性を整理する。」とされており、8月7日に「東日本大震災に係る災害廃棄物の処理工程表」を公表されました。
この工程表によりますと、岩手県の可燃物・木くずについては、「今後は、原則として、新たな受入れ先の調整は行なわず、調整中の広域処理の実現に全力を挙げることとする。」、宮城県の可燃物については、「今後は、新たな受入れ先の調整は行なわず、調整中の広域処理の実現に全力を挙げるとともに、受入れ実績のある自治体との調整を行なうこととする。」とされております。
このような状況から、本市が被災地の可燃物を受け入れる必要性はなくなったものと考え、同日に、その旨の市長コメントを発表しております。

掲載日:2012年8月13日