斑蓮

本文にジャンプします
斑蓮
伯耆古代の丘「花蓮図鑑」

「古代ハスの園」に咲く蓮たち

伯耆古代の丘公園の「古代ハスの園」では6月下旬から8月にかけて、2000年前の大賀蓮をはじめ、30種類を超える蓮が楽しめます。

斑蓮

爪紅蓮が花びらの先端や縁だけに紅色が入ったものをいうのに対し、先端や縁だけでなく、白い花びら全体に紅色の模様が入ったものを「斑(まだら)蓮」といいます。
花びらの表と裏では模様が異なるのも特徴です。

一天四海
(いってんしかい)

その名は、全世界を意味する「一天四海妙法に帰す」という仏典の言葉に由来します。
また別名を「大名蓮」ともいいます。
蓮を好んだ鳥取藩主池田光政公が、鳥取から岡山後楽園に持ち込んだのがこの蓮です。

天竺斑蓮
(てんじくまだらばす)

掲載日:2011年3月29日