花蓮図鑑

本文にジャンプします
花蓮図鑑
伯耆古代の丘「花蓮図鑑」

伯耆古代の丘公園の「古代ハスの園」では6月下旬から8月にかけて、2000年前の大賀蓮をはじめ、30種類を超える蓮が楽しめます。
早朝に咲き始める蓮の花を見るのは、午前中がおすすめです。

「古代ハスの園」に咲く蓮たち

蓮の品種名をクリックすると、説明のページが開きます。

紅蓮

一重咲


大賀蓮
(おおがはす)

唐蓮
(からばす・とうれん)

中日友誼蓮
(ちゅうにちゆうぎれん)

桜蓮
(おうれん)

浄台蓮
(じょうだいれん)

和蓮
(われん)

ネール蓮
(ネールばす)

蜀紅蓮
(しょっこうれん)
 

八重咲


漁山紅蓮
(ぎょざんこうれん)

紅万々
(こうまんまん)

天上蓮
(てんじょうれん)

即非蓮
(そくひれん)

誠蓮
(まことはす)

錦蘂蓮
(きんずいれん)

八重茶碗
(やえちゃわん)
 
白蓮
一重咲

清月蓮
(せいげつれん)

白君子小蓮
(しろくんししょうれん)

白光蓮
(びゃっこうれん)
   
八重咲

漢蓮
(かんれん)

白繍蓮
(はくしゅうれん)

白万々
(はくまんまん)

碧台蓮
(へきだいれん)

西湖蓮
(さいこれん)
 
黄紅蓮
一重咲

舞妃蓮
(まいひれん)

紅舞妃蓮
(べにまいひれん)

明光蓮
(めいこうれん)
黄白蓮

アメリカ白蓮
(アメリカびゃくれん)

輪王蓮
(りんのうれん)
 
爪紅蓮

嘉祥蓮
(かしょうれん)

金輪蓮
(こんりんれん)

瑞光蓮
(ずいこうれん)

酔妃蓮
(すいひれん)

爪紅茶碗
(つまべにちゃわん)
 
斑蓮

一天四海(大名蓮)
(いってんしかい・だいみょうばす)

天竺斑蓮
(てんじくまだらばす)

 「伯耆古代の丘公園」は…

向山古墳群を含む敷地には、高床建物の展望台や弥生時代の復元住居、104体の埴輪を配した「ほたて貝式古墳」などがあります。埴輪や土器作り、火起こしなどの古代体験も楽しめます。
公園内の「古代ハスの園」では、「古代」という名にふさわしい2000年前の大賀蓮や、鳥取ゆかりの「一天四海(大名蓮)」が夏の早朝に咲き誇ります。蓮の開花期間には、早朝開園・特別早朝開園も行われます。
なお、蓮の開花時期は、種類によって異なり、6月下旬から8月にかけていろいろな蓮を楽しむことができます。

開園時間:

9時30分から17時
蓮の開花時期には早朝開園も行ないます。

休園日:

第2・第4水曜日(祝日の場合は、その翌日)・年末年始
蓮の開花時期は休まず開園します。

入園料:

おとな(高校生以上)310円
小学生・中学生100円
(なお、古代体験には入園料のほかに体験料などがかかります。)

JR米子駅から車で約15分。
米子道「米子インターチェンジ」から車で約8分。

掲載日:2014年4月7日