景観

本文にジャンプします
景観

いつか見た日本の原風景の中へ

花鳥風月で表現される日本の美しい風景。
花の香り、空気の味、風の温度、目に映るものだけではない四季を彩る自然のひとつひとつを、五感のすべてで感じ取ろうとする心の豊かさが、きっとこの言葉の中に込められています。

どんなに時代が変貌しようと、いつまでも変わらず人々を和ませてくる米子市の景観散策。
それは、日本の原風景へと続く道です。

早春の日本の風景梅園。
大山の麓、尾高城跡の梅園では約300本の紅梅、白梅が可憐な花をつけ春の訪れを告げます。

夏の早朝は、ハスの時間。
伯耆古代の丘公園の古代ハス園では、2000年前の「大賀ハス」をはじめ、30種類を超えるハスが楽しめます。

秋の訪れを感じる頃には、「コスモス街道」。
名水「天の真名井」に続く道沿いに揺れるコスモスは、なぜだか心をホッとさせてくれます。

花のある景色…それは日本の原風景の中に迷い込んだような風情を感じさせてくれるものです。

「梅園」
見ごろ:3月上旬から中旬

尾高城跡…
JR米子駅から車で約15分、
駐車場あり。

「古代ハス園」
見ごろ:6月下旬から8月

伯耆古代の丘公園…
JR米子駅から車で約20分、
駐車場あり。

リンク … 花蓮図鑑

「コスモス街道」
見ごろ:9月下旬から10月

JR米子駅から車で約20分。

湊山公園

米子城跡を中心に、日本庭園、芝生公園、桜の園などが整い、人々がのどかなひとときを過ごしています。また、米子市を彩る風物詩の舞台として、桜まつりや城山フェスティバル、がいな祭の花火大会など、さまざまなイベントが開催されています。

JR米子駅から車で約5分、駐車場あり。

加茂川・中海遊覧

白壁の土蔵がある旧加茂川から米子城跡を抜け、彫刻ロードまでを周遊しています。
40分の船旅で、いつもと違う景色を水の上からお楽しみください。

乗船場までJR米子駅から「だんだんバス」で約5分。

お申込み・お問い合わせは、
米子観光案内所…電話:(0859)22-6317
9時から18時まで。

(なお、天候によって、欠航する場合があります。)

中海(なかうみ)の夕景

中海は、弓ヶ浜半島と島根半島に閉ざされた、自然が創りあげた静かな内海。
穏やかな水面を茜色に染めて沈む夕陽が素晴らしく、湊山公園から眺めるそれは、とりわけ絵になる珠玉の風景です。

JR米子駅から車で約5分、駐車場あり。

掲載日:2011年3月27日