中海圏域振興ビジョンと定住自立圏共生ビジョンを策定しました

本文にジャンプします
中海圏域振興ビジョンと定住自立圏共生ビジョンを策定しました

中海沿岸の松江市・米子市・境港市・安来市・東出雲町で構成する中海市長会では、 中海圏域が一体的に発展していくための指針となる将来像を提案する「中海圏域振興ビジョン」と、定住自立圏形成協定に基づく具体的取組事項を記載した「中海圏域定住自立圏共生ビジョン」の策定をめざして、検討を行ってきました。
4市1町でのパブリックコメント(意見募集)、定住自立圏共生ビジョン懇談会、その他各市町の関係機関などから寄せられたご意見をふまえ、平成22年3月30日の中海市長会で最終決定されました。

中海圏域振興ビジョン

中海圏域の現状と分析、圏域が一体的に発展していくための将来像と方向性を表しています。

圏域発展を牽引する三つの方向性

  • 北東アジアから世界へつながる西日本のゲートウェイの構築
    …なかうみで出会う
  • 中海をはじめとする豊かな自然と人が織りなす調和の実現
    …なかうみを守る
  • 自然・人材・技術の連携による世界に誇る中海ブランドの創出
    …なかうみで創る

圏域発展を支えるひとつの基盤

  • 4市1町がつながり、あたかもひとつのように機能するまち
    …なかうみをつなげる

キャッチフレーズ

  • 「出会いは なかうみ 動き出す 未来」

新しいウィンドウ・タブが開きます中海圏域振興ビジョン PDF 813キロバイト)

中海圏域定住自立圏共生ビジョン

4市1町が連携して推進していく具体的取組の内容と実施スケジュールを記載しています。

新しいウィンドウ・タブが開きます中海圏域定住自立圏共生ビジョン PDF 388キロバイト)

掲載日:2010年4月7日