平成23年度住宅用太陽光発電システム設置費一部補助

本文にジャンプします
平成23年度住宅用太陽光発電システム設置費一部補助

受付は終了しました

米子市では、家庭における地球温暖化防止を推進するために、市民の皆さんがご家庭に設置される太陽光発電システムの設置費を一部補助します。

平成23年度米子市住宅用太陽光発電等導入推進補助金

補助対象事業

次のいずれかに該当する事業

  1. 自らが所有し、自己の居住の用に供する住宅(市内にあるものに限り、店舗、事務所などの併用住宅を含みます。)への住宅用太陽光発電システムと、加えてその他の新エネルギー設備または省エネルギー設備の設置

  2. 太陽光発電および省エネルギー設備等が設置された建て売りの住宅の購入

  3. 居住する住宅(自らが所有しないものに限ります。)への補助対象設備の設置(当該補助対象設備を法定耐用年数にわたって設置することについて、当該住宅の所有者の承諾を得ている場合に限ります。)
【ご注意】
  • 1と3の場合、すでに着工済または着工中の場合は対象外です。
  • 太陽光発電だけの設置は対象外です。
    必ず、省エネルギー設備等も同時に設置しなければ補助対象にはなりません。
  • 省エネルギー設備等は、他の補助金との併用申請はできませんのでご注意ください。

補助対象者

補助対象事業を実施しようとするかたで、市税等を完納しているかた。

補助対象となる設備等

太陽光発電

設備の要件
1件あたりの太陽電池の最大出力の合計値が10キロワット未満のもので、経済産業省の住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金の補助対象設備として指定されたもの、またはこれと同等以上の性能および品質のものであること。

(平成23年6月1日からは、次の要件が加わります。)
鳥取県内に本店または支店等がある事業者が設置工事を行なうものであること。

補助金の額
太陽電池の最大出力に3万円を乗じて得た額。
ただし、12万円を限度とします。

省エネルギー設備等(LED照明器具)

設備の要件
居室、廊下、玄関等の天井または壁面に常時取り付けた状態で使用するものであること。
ただし、電池式の照明器具、可搬型の照明器具(コンセントに差し込んで使用するもの)および電球部分のみの交換を除きます。
なお、複数導入する場合に限ります。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

省エネルギー設備等(高効率給湯器)

設備の要件
経済産業省の高効率給湯器導入促進事業費補助金、住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業補助金または民生用燃料電池導入支援補助金の補助対象設備として指定されたもの、またはこれと同等以上の性能および品質のものであること。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

省エネルギー設備等(太陽熱温水器)

設備の要件
貯湯量が100リットル以上のものであること。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

省エネルギー設備等(小型風力発電)

設備の要件
定格出力が100ワット以上のもので、次の1から3に掲げる要件のすべてを満たすものであること。

  1. 強風時における安全対策が施されていること。
  2. 騒音等への対策が施されていること。
  3. プロペラ等の回転部に容易に人が接触することのないよう、人の手の届かない高さに設置され、又は周囲に柵を設ける等の措置がとられていること。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

省エネルギー設備等(ペレットストーブ)

設備の要件
居室において使用するものであること。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

省エネルギー設備等(まきストーブ)

設備の要件
居室において使用するものであって、効率的な二次燃焼システムにより排煙を減少させる構造であること。

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

その他、新エネルギーを利用した設備等であって、市長が認めるもの

補助金の額
省エネルギー設備等の導入に要する経費の2分の1に相当する額。
ただし、7万5千円を限度とします。

補助金交付申請額

「太陽光発電」の補助金の額プラス「省エネ設備等」の補助金の額

(例:上限の場合  120,000円プラス75,000円イコール195,000円)

申込受付期間

平成23年4月1日(金曜日)から平成24年3月16日(金曜日)
予算がなくなり次第受付を終了します。

申込方法

補助金交付手続きの流れをご参照のうえ、次に掲げる提出書類を環境政策課に提出してください。

新しいウィンドウで開きます 補助金交付手続きの流れ PDF 26.8キロバイト)

【提出書類】
  • 補助金交付申請書(様式第1号)
  • 補助対象設備の設置予定箇所の位置図
  • 補助対象設備の設置工事の着手前の現況カラー写真
  • 補助対象設備の概要書(別紙1)
  • 補助対象設備の仕様等がわかるカタログ等(太陽光発電以外の設備)
  • 補助対象設備の経費内訳書(別紙2)
  • 補助対象設備の設置に係る契約書の写し
  • 売買契約書の写し(建売住宅の場合)
  • 建物所有者の承諾書(別紙3・自らが所有しない住宅の場合)
  • 納税等状況確認同意書(別紙4)
  • 誓約書(別紙5)

なお、補助金交付申請書(様式第1号)・補助対象設備の概要書(別紙1)・補助対象設備の経費内訳書(別紙2)・建物所有者の承諾書(別紙3)・納税等状況確認同意書(別紙4)・誓約書(別紙5)は、市役所環境政策課(旧庁舎1階)と市役所総合窓口案内(本庁舎1階)でお渡しします。

【提出先】

米子市中町20番地(旧庁舎1階)
米子市環境政策課

【ご注意】
  • 提出前には、チェックリストを用いて、漏れや誤りがないかどうか確認をしてください。
  • 申請は、着工前に行ない、補助金交付決定通知を受けてから着工してください。
  • 補助金の交付にあたっては、必要に応じて現地調査を行なうことがありますので、あらかじめ、ご了承ください。

【資料】
(資料はPDFファイルです。新しいウィンドウ・タブが開きます。)

なお、ワードファイルおよびエクセルファイルが必要なかたは、環境政策課まで別途お問い合わせください。

更新日:2011年12月21日

掲載日:2011年3月30日