4年前に住宅を新築しましたが、今年度から家屋の税額が急に上がりました

本文にジャンプします
4年前に住宅を新築しましたが、今年度から家屋の税額が急に上がりました

4年前に住宅を新築しましたが、今年度から家屋の税額が急に上がっています。なぜでしょうか?

新築の住宅に対しては、住宅建築の促進を図るため、固定資産税を減額する制度があります。住宅部分の割合や床面積などが一定の要件を満たせば、新たに課税されることとなった年度から3年間に限って、120平方メートル分の固定資産税が、2分の1に減額されます。
あなたの場合は、これまでの3年間、家屋に対する固定資産税が減額されていましたが、今年度から本来の税額を納めていただくことになったわけです。
なお、3階建以上の中高層耐火住宅(分譲マンションなど)については、一定の要件を満たせば、5年分の軽減が受けられます。
<No. 91>
更新日:2011年3月25日