行き止まりの私道は、非課税にはならないのですか?

本文にジャンプします
行き止まりの私道は、非課税にはならないのですか?

行き止まりの私道は、非課税にはならないのですか?

地方税法においては、「公共の用に供する道路」は非課税とされています。
「公共の用に供する道路」とは、所有者が通行の制限をせず、広く不特定多数の人が利用する道路をいいます。通り抜けのできる道路なら不特定多数の人が利用することになりますが、行き止まりの私道の場合、ここに出入りする人々によって利用されるとしても、広く一般公衆が利用するものではありません。ですから、公共の用に供する道路にはあてはまらず、課税となります。
ただし、市では一定の基準にあてはまる私道の固定資産税を減額・免除の対象としています。減額・免除となるかどうかは、固定資産税課にお問い合わせください。
<No. 87>
更新日:2011年3月25日