固定資産の評価替えとは何ですか?

本文にジャンプします
固定資産の評価替えとは何ですか?

固定資産の評価替えとは何ですか? また、その時期はいつですか?

評価替えとは、固定資産の価格の見直しのことをいいます。
本来であれば、毎年度、その資産の価値に応じて評価替えを行ない、「適正な時価」をもとに課税を行なうことが、納税者間の税負担の公平を図ることになります。
しかし、膨大な量の土地・家屋について、その評価を毎年度見直すことは、実務的に不可能であることなどから、原則として3年間評価額をすえ置く制度、言いかえれば、3年ごとに固定資産の価格を見直す制度がとられています。
この3年に1度の評価替えを行なう年度を「基準年度」といい、現在の価格は、2015年度(平成27年度)の基準年度の評価替えによるものです。
次回の評価替えは、2018年(平成30年)に行ないます。
ただし、土地の場合は、近年、地価の下落が大きいことから、毎年度、必要に応じて、下落修正(簡易な方法による評価額の引下げ)を行なう場合があります。
<No. 78>