よくある質問(固定資産税課)

本文にジャンプします
よくある質問(固定資産税課)
よくある質問(固定資産税課)」には、14件の記事があります。
 

私は、2016年(平成28年)12月に自己所有の土地と家屋の売買契約を行ない、2017年(平成29年)2月に買主への所有権移転登記を済ませました。 この場合、2017年度(平成29年度)の固定資産税は、だれが納めることになるのでしょうか?

固定資産の評価替えとは何ですか? また、その時期はいつですか?

4年前に住宅を新築しましたが、今年度から家屋の税額が急に上がっています。なぜでしょうか?

私は、昨年8月に古い住宅を取り壊し、駐車場として利用していますが、昨年度に比べて固定資産税が高くなりました。なぜでしょうか?

私の住んでいる家は、年々古くなっていきますが、なぜ税額は下がらないのですか?

私は昨年、建設業を営んでいるおじに依頼して、かなり安くマイホームを建てることができました。しかし、市で決定された評価額は、実際に支払った金額と比べて、とても高いものとなっています。なぜでしょうか?

行き止まりの私道は、非課税にはならないのですか?

庭の一部を耕して野菜をつくっているのですが、宅地で課税されています。 この部分は畑としての課税にはならないのですか?

住宅の敷地は固定資産税が安くなるそうですが、店舗と住宅が一緒の場合はどうですか?

地価が下落して、土地の評価額も下がっているのに、土地の税額が上がりました。 おかしいのではないでしょうか?

土地と家屋の名義が共有になっているのですが、固定資産税は持分に応じて共有者それぞれに分割して課税されるのでしょうか?

固定資産の縦覧や閲覧という言葉をよく耳にしますが、どのようなことでしょうか?

敷地の所有権付きの分譲マンションを購入しました。 固定資産税はどのように課税されるのでしょうか?

私の父は、今年の5月に死亡しましたが、父名義の固定資産税は、どのようになるのでしょうか?