指定管理者制度とは何ですか?

本文にジャンプします
指定管理者制度とは何ですか?

指定管理者制度とは何ですか?

指定管理者制度とは公の施設(スポーツ施設、文化施設など住民福祉増進のため設置された公共施設)の管理方法の一つです。
以前は公の施設の管理運営は、市の外郭団体や公共団体にしか委託することができませんでした(これを管理委託制度といいます。)が、民間の効果的・効率的な手法を活用することを目的として、平成15年9月に地方自治法が改正され、指定管理者制度が導入されました。
この制度によって、民間事業者、NPO法人、ボランティア団体などにも公の施設の管理を行わせることが可能になりました。
なお、市が公の施設の管理運営を行わせるために指定した団体を指定管理者といいます。
<No. 3>
更新日:2011年3月20日