日本脳炎ワクチン接種差し控えのおしらせ

本文にジャンプします
日本脳炎ワクチン接種差し控えのおしらせ

日本脳炎の予防接種は、予防接種法第3条第1項の規定に基づき、委託医療機関で定期の予防接種を行っていました。
しかし、平成17年5月、疾病・障害認定審査会において、重症のADEM(急性散在性脳脊髄炎)は現行の日本脳炎ワクチン接種の副作用であることが否定できないという答申がなされました。
それにともない、現時点では、より慎重を期するため、定期の予防接種における日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨は行わないよう厚生労働省から勧告がありました。
そこで当分の間、日本脳炎ワクチン接種を積極的に勧めないこととなりましたのでお知らせします。

なお、平成21年6月から新しい日本脳炎ワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)の接種が始まっていますが、接種は新しく1期(7歳6か月未満)を始められるかたに限られています。詳しくは医師または健康対策課にご相談ください。

 

流行地へ渡航する場合や蚊に刺されやすい環境にある場合など、日本脳炎に感染するおそれが高く、特に接種を希望される場合は、お申し出ください。
また、一般的な注意として、戸外へ出るときは、念のためできる限り長袖、長ズボンを身につけるなど、日本脳炎ウイルスを媒介する蚊に刺されないよう注意しましょう。

【参考】
リンク(新しいウィンドウで開きます) 厚生労働省:「定期予防接種における日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて」
リンク(新しいウィンドウで開きます) 厚生労働省:「日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A」

掲載日:2005年5月31日

中学生の定期(3期)の日本脳炎予防接種が廃止になりました

防接種法施行令の一部改正により、平成17年7月29日から14歳以上16歳未満対象の日本脳炎ワクチンの定期接種が廃止になりました。

掲載日:2005年10月12日