水道管の凍結対策

本文にジャンプします
水道管の凍結対策

お済みですか? 水道管の凍結対策

気温がマイナス4度前後まで下がると、水道管や蛇口が凍って水が出なくなったり、破裂することがあります。水漏れがひどくなれば他の蛇口からも水が出なくなったり、また、その水漏れ分も水道料金の対象となります。寒波の到来前にご家庭の水道管や器具などを点検して、凍結破損による漏水事故を予防しましょう。また、普段あまりお使いにならない蛇口や、不在がちなお宅、空家等にも凍結防止対策をお願いいたします。

マイナス4℃


特に注意が必要なのは・・・

  • 屋外の、むき出しになっている水道管
  • 風当たりの強いところにある水道管や蛇口
  • 普段あまりお使いにならない蛇口
  • 家の北側などで、あまり日の当たらない場所にある蛇口 

 むき出しの配管

風当たりの強い場所 

 日陰の配管

凍結を防ぐには・・・

  • むき出しになっている水道管や蛇口に、古い毛布やタオル、布切れなどを巻きつけ、その上からビニールテープなどを巻いて固定するか、水道用保温材(ホームセンターなどで販売されています。)で防護します。
  • おやすみ前に台所や洗面所のどの蛇口から少しずつ水を流すことも効果があります。(ただし、水道料金がかかります。)       
  • ご自分でのお取付がむずかしい場合は、最寄りの米子市水道局指定工事店にご相談ください。

凍結の防止


凍結してしまい、水が出ないときの応急処置は・・・

  • 凍ってしまった部分に、タオルや布などをかぶせて、その上からぬるま湯をかけてゆっくりと溶かします。(※いきなり熱湯をかけると蛇口や水道管が破裂するおそれがあり危険ですのでおやめ下さい。蛇口を開けてもすぐに水が出ない場合がありますが、そのような場合でも蛇口は開けたまま放置せず、必ず閉めておいてください。氷が解ければ、水が出っぱなしになります。)
  • 解答はぬるま湯で


    もし蛇口や水道管などが破裂してしまったら・・・

    • 凍結破損の場合、気温が上昇する昼頃になって水が吹き出すこともありますので、再度のご確認をお願いいたします。
    • 漏水を発見されたら、メーターボックス内の止水栓のバルブを右回しに閉めて水を止め(レバータイプの止水栓の場合は黄色いレバーを反対側に倒します。)、水道局または最寄りの水道局指定工事店に修理を依頼してください。修理費はお客さま負担となります。

      伸縮止水栓

      ボール式止水栓

    • 借家にお住まいの場合は、修理を依頼する前に必ず所有者や管理業者にご相談ください。
    • ボイラーや温水器等の器具の故障については、お買い求めになった業者にご依頼ください。

    宅地内の水道管や給水装置は全てお客さまの大切な財産です。普段から水道メーター、止水栓やバルブ、水道管の位置を確認するなどし、いざという時のための備えをしておきましょう。


    管破損漏水など緊急のご用件は夜間・休業日でも宿直員が承ります。
    電話(0859)32-6111[代表]
    ※緊急のご連絡は、必ずお電話でお願いいたします。
    Fax、E-mailでのご連絡は、翌営業日の対応となりますので、ご了承ください。

    凍結対策のお問い合わせは、給水維持課 給水係
    電話(0859)32-6113[直通]
    修繕工事のお問い合わせは、給水維持課 維持管理係
    電話(0859)32-6114[直通]
    境港市域のお問い合わせは、境港営業所 営業係
    電話(0859)42-3080[直通]

    掲載日:2017年1月16日