まちなか居住支援事業を始めました【受付終了】

本文にジャンプします
まちなか居住支援事業を始めました【受付終了】
受付は終了しました。

…市外から転入されたかたで、中心市街地の区域内の住宅を取得して
居住されるかたに助成します

米子市では、「米子市中心市街地活性化基本計画」に基づき、中心市街地への定住を促進するため、市外から米子市に転入されたかたで、中心市街地の区域内の住宅を取得して継続して居住されるかたへの助成を行ないます。

事業の名称

米子市まちなか居住支援事業

中心市街地の区域

博労町1丁目、冨士見町、冨士見町1丁目、冨士見町2丁目、角盤町1丁目、角盤町2丁目、角盤町3丁目、角盤町4丁目、錦町1丁目、錦町2丁目、錦町3丁目(一部)、朝日町、道笑町1丁目、道笑町2丁目、道笑町3丁目(一部)、昭和町(一部)、万能町、日野町、法勝寺町、紺屋町、四日市町、東町、弥生町、糀町1丁目(一部)、糀町2丁目、加茂町1丁目、加茂町2丁目、茶町、塩町、末広町、大工町、目久美町(一部)、大谷町(一部)、西倉吉町、中町、明治町、東倉吉町、久米町、尾高町、岩倉町、寺町、天神町1丁目、天神町2丁目、内町、立町1丁目、立町2丁目、立町3丁目、立町4丁目(一部)、灘町1丁目、灘町2丁目、灘町3丁目(一部)、花園町、西町、米原及び米原1丁目(一部)のうち、米子市中心市街地活性化基本計画に定める中心市街地の区域

【参考】
新しいウィンドウで開きます 米子市中心市街地活性化基本計画に定める中心市街地の区域図
 PDF 512キロバイト)

補助対象住宅

一戸建て住宅または共同住宅のうち、次のすべての要件を満たすもの

  • 所在地が中心市街地にあること
  • 昭和56年6月1日以降に建築されたもの
  • 居住部分の床面積が50平方メートル以上のもの
  • 台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室、居室を備えていること
  • 建築基準法その他の法令の規定に違反しないもの

対象者

平成22年4月1日から平成25年1月1日までの間に補助対象住宅を取得されたかたで、平成22年4月1日以降に市外から米子市に転入して継続してその住宅に居住されているかた、または、配偶者か1親等以内の親族が市外から米子市に転入してその住宅に居住されているかた。

対象経費・補助額

補助対象住宅および附属建物の、平成22年度から平成25年度までの固定資産税相当額 (ただし、年間10万円を限度とします。)

申請方法

補助金の交付申請は、平成25年度までの連続する3か年度以内の年度に限り行なうことができます。
補助金の交付を受けようとするかたは、補助対象固定資産税の納期限の日、または、固定資産税相当額を支払った日の属する年度の3月15日までに、「米子市まちなか居住支援事業補助金交付申請書」を必要書類とともに提出してください。

【資料】
新しいウィンドウで開きます まちなか居住支援事業補助金交付要綱  PDF 184キロバイト)

更新日:2012年4月10日

掲載日:2010年4月23日