皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2010

本文にジャンプします
皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2010
このイベントは終了しました

皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2010

海で発生した水蒸気が、雨や雪となって山に降り、川となって森や里を潤し、再び海へと還ってゆく…。「SEA TO SUMMIT」は、海から山へと自力で進むなかで自然の循環を体感し、自然の大切さについて考えようという大会です。

大会名の由来は、オーストラリア人の登山家ティム・マッカートニー・スネイプが、ガンジス川河口(海抜0メートル)からエベレスト山頂(標高8,848メートル)へ向かった冒険『from sea to summit』から取った名前で、カヤック、バイク(自転車)、ハイク(歩き)の3種目で皆生の海(SEA)から大山の山頂(SUMMIT)までを目指す環境スポーツイベントです。

皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2010

開催日

平成22年9月4日(土曜日)・5日(日曜日

イベントスケジュール

9月4日(土曜日)環境シンポジウム

  • 午後3時から  (皆生海浜公園)

9月5日(日曜日)大会

  • 大会スタート:午前7時
  • 表彰式:午後5時から
    (博労座・大山国立公園駐車場)
環境シンポジウム

海洋ジャーナリスト 内田正洋さん、鳥取県知事 平井伸治さん、米子・大山観光大使 モンベルグループ代表 辰野 勇さんなどをゲストに迎え、自然の循環と環境について参加者全員で考えます。

ゲストは変更になる場合があります。

コース(全長33キロメートル)

海のステージ

カヤック
約6キロメートル
日野川河口-皆生海浜公園前-日野川河川敷

里のステージ

自転車
約23.5キロメートル
日野川河川敷-大山町総合文化スポーツセンター-博労座

山のステージ

ハイク
約3.5キロメートル
博労座-大山頂上(弥山・標高1,709メートル)

コースマップ(PDFファイルです。新しいウィンドウ・タブで開きます。)

コースマップ
PDF 201キロバイト)

コースは天候などにより変更の可能性があります。

主催

皆生・大山 SEA TO SUMMIT実行委員会

後援

鳥取県、米子市、大山町、日吉津村  ほか

お問い合わせ先

SEA TO SUMMIT連絡協議会

大阪市西区新町1-33-20
株式会社モンベル広報部内
電話:(06)6531-5524
ファックス:(06)6531-5536

くわしくは「SEA TO SUMMIT 2010」ホームページでご確認ください。

リンク(新しいウィンドウ・タブで開きます) … SEA TO SUMMIT 2010(株式会社モンベル)

掲載日:2010年6月25日
掲載日:2010年6月25日