談合情報のあった指名競争入札の落札保留について(平成19年11月13日掲載)

本文にジャンプします
談合情報のあった指名競争入札の落札保留について(平成19年11月13日掲載)

平成19年11月13日執行予定の工事希望型指名競争入札「工事番号 土34:(仮称)市道皆生6丁目3号線改良工事」に対し、事前に談合情報が寄せられました。
この入札を執行した結果、談合情報どおりの会社が最低金額を提示したため、落札保留としました。

内容

工事名

工事番号 土34:(仮称)市道皆生6丁目3号線改良工事

市道認定の前提として、皆生6丁目で長さ56メートルにわたり、道路拡幅を行なう工事。
なお、(仮称)としているのは、現時点では市道認定がされていないため。

予定価格:4,979,100円
入札対象業者:土木C級(市内業者のみ)

経過

平成19年10月29日(月曜日)に、工事希望型指名競争入札として、この入札物件を公開。

「工事希望型指名競争入札」とは…

入札参加者を指名するとき、米子市が一方的に参加者を指名するのではなく、業者の受注意欲の有無をもとに指名して行なう方法。
入札しようとする業者は、「米子市ホームページ」に公開した工事発注表を確認のうえ、入札参加希望を市に伝えます。これを受けて市は入札参加者を指名しますが、どこを指名したかは非公表とします。業者は、入札書を所定の封筒を使用して郵便で提出し、入札会で開封のうえ、落札者を決定します。

対象業者28社中、12社が入札参加希望。
希望者多数のため、希望者の2割にあたる2社を非指名とし、残る10社を指名。
うち、1社は指名後に辞退したため、9社から入札書の郵送があった。

平成19年11月10日に、報道機関から入札契約課に談合情報の連絡。
内容は、「11月10日に、『土34』に関する談合情報が寄せられた。特定業者名はあったが、落札金額・入札参加社数など、その他の情報の記載はなく匿名であった。」というもの。

平成19年11月13日午前9時50分、米子市役所202会議室で入札執行。
情報どおりの会社が最低金額を提示したため、落札を保留。

入札結果

入札業者名

入札金額

落札率

山陰建設サービス 463万円 97.6パーセント
永田組 463万円 97.6パーセント
なかやま 462万円 97.4パーセント
福本興業

465万円

98.1パーセント

米子造園

468万円

98.7パーセント

本田工務店

最低札  460万円

97.0パーセント

門脇組

467万円

98.5パーセント

浅中錦松園

465万円

98.1パーセント

栗谷テクノス

辞退

-

橋尾建設

470万円

99.1パーセント

【資料】
新しいウィンドウ・タブが開きます建設工事入札執行(指名通知)表「土34」 PDF 44.2キロバイト)

米子市はこれから、この入札参加業者全社に対して、工事内訳書などの提出をお願いし、談合の事実の有無を調査する予定です。

掲載日:2007年11月13日