アスベスト対策による市民体育館使用中止のおしらせ

本文にジャンプします
アスベスト対策による市民体育館使用中止のおしらせ

この記事は、当時の参考資料として残しているものです。

アスベスト対策による市民体育館使用中止のおしらせ

2005年8月5日

市民体育館に使用されている吹きつけロックウールの露出部分に、アスベスト(石綿)が含まれているかどうかの調査を行った結果、安全基準の1パーセントを超える白石綿が含まれていることがわかりました。
この結果を受け、アスベストが空気中に飛散しているかどうかの検査を行うこととしていますが、検査専門業者に同様の検査依頼が殺到しており、現在のところ、検査日程が決まっておりません。

そのため、利用者の安全を最大限考慮し、8月7日から31日までの間、市民体育館の使用を中止することとしました。
なお、検査日程によっては、9月以降も中止になる可能性があります。

アスベストの空気中飛散濃度が安全基準以内だった場合には、使用を再開し、できるだけ早い時期にロックウールのはぎとりや封じ込めなどの対策を検討します。
万一、安全基準を超えていた場合は、引き続き使用停止とし、早急に対策を行います。

掲載日:2005年8月5日