素鳳コレクション県外展「春よこい 雛人形物語展」

本文にジャンプします
素鳳コレクション県外展「春よこい 雛人形物語展」

素鳳コレクション展、広島と東京で開催

平成19年12月から平成20年1月にかけて、広島と東京で、米子市が収蔵する「素鳳コレクション」の特別展、「春よこい 雛人形物語展  坂口真佐子コレクション」が開催されます。


素鳳コレクション「享保雛」

人形たちの物語を秘めた世界を、ぜひご覧ください。

「素鳳コレクション」

坂口家11代目の夫人、故坂口真佐子さんが半生をかけて蒐集された約2,000点に及ぶコレクション。
雛人形、御所人形など江戸時代の人形や、天神さん、西洋人形などの人形コレクションを中心に、絵絣などの染色品、くし、かんざしなどの装身具類、車箪笥・銭函などの調度品、面などで構成され、国内でも貴重な逸品ぞろいのコレクションとして、高い評価を受けています。
真佐子さんが亡くなられた後、コレクションは平成12年に米子市に寄贈され、現在、山陰歴史館に収蔵しています。
素鳳コレクションは、山陰歴史館で毎年春、「素鳳展」を開催しているほか、皆生温泉の「素鳳ふるさと館」で一部を公開していますが、160余点を一度に公開する今回のような規模の展示は、米子でもなかなかありません。

「春よこい 雛人形物語展  坂口真佐子コレクション」

「雛人形の世界」・「愛蔵の人形たち」・「お道具」160余点が、人形たちの物語を秘めた世界へと誘います。

展示内容

「雛人形の世界」

立雛、見立皇女和宮、享保雛、御殿雛などの雛人形の世界を、雅な京都、華やかな江戸の様式などにも触れ、時代ごとに約18余点を展示

「愛蔵の人形たち」

御所人形、抱き人形、嵯峨人形や衣装人形など、故 坂口真佐子さんが最も愛された人形たち約60余点を展示

「お道具」

牡丹唐草の蒔絵を施された七澤屋製のお道具、丸平大木人形店製作のお道具や精巧に作られた銀製のお道具などの約80余点を展示

このほか、「米子市情報発信コーナー」や「米子市物産・銘品コーナー」もあります。
(「米子市物産・銘品コーナー」は、池袋会場のみです。)

米子市情報発信コーナー

皆生温泉、米子水鳥公園、妻木晩田遺跡などの観光地のほか、皆生大山ネイチャーツアー観光プログラム、スリミングステイなどの観光ツアー商品の紹介

米子市物産・銘品コーナー

会場:西武池袋本店  諸国名産 特設会場
期間:平成20年1月16日(水曜日)から22日(火曜日)まで

広島会場

開催期間

平成19年12月27日(木曜日)から平成20年1月6日(日曜日)まで
(平成20年1月1日は休館日です。)

開催場所

そごう広島店(本館9階 催会場)

池袋会場

開催期間

平成20年1月11日(金曜日)から1月22日(火曜日)まで

開催場所

西武池袋本店(イルムス館2階  西武ギャラリー)

掲載日:2007年12月6日
掲載日:2007年12月6日