平成21年度予算案の概要をお知らせします

本文にジャンプします
平成21年度予算案の概要をお知らせします

平成21年度予算案

平成21年度当初予算額 … 814億8,830万円

  • 対前年度予算と比べて2.3パーセントの減
  • 金額にして19億1,739万円の減額

一般会計予算額 … 476億8,300万円

  • 対前年度予算と比べて2.5パーセントの減
  • 金額にして12億1,500万円の減額

特別会計予算額 … 338億  530万円

  • 対前年度予算と比べて2パーセントの減
  • 金額にして7億 239万円の減額

予算編成の基本的な考えかた

米子市を取り巻く財政環境は、100年に1度と言われる世界的な経済金融危機の影響により、基幹となる市税収入の大幅な減少が見込まれる中で、社会保障費などの義務的経費が増大するなど、極めて厳しい状況となっています。

国においては「平成21年度予算編成の基本方針」で、地方は国の取り組みと歩調を合わせ、人件費、投資的経費、一般行政経費の各分野にわたり、厳しく抑制を図るとの方針を示すとともに、「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」などを踏まえ、より一層積極的に地方行革に取り組むものとしています。
さらに、平成21年4月1日から「地方公共団体の財政健全化に関する法律」が全面施行されることを踏まえ、地方公共団体には、一般会計などのみならず、公営企業などの特別会計や地方公社、第3セクターの状況を、収支・経営状況、資産および将来負担の実態も含め適切に把握・分析し、徹底した情報開示のもと、自主的な改善努力による財政健全化を実施することが求められています。

平成21年度の予算は、平成21年4月に市長選挙を控えていることから、経常経費、義務的経費および継続的に実施している事業費のほか、特に急を要する経費の計上にとどめた骨格予算として編成していますが、このような現状を踏まえ、予算編成に当たっては、健全化判断比率などの改善を念頭に置き、平成20年度にも増して財政健全化への取り組みを反映したものとするとともに、限られた財源を重点的かつ効率的に配分するため、なお一層の事業選択を行ない、事務事業の徹底した効率化を行ないました。
なお、このような厳しい状況の中でも、子育てに対する支援や、安全・安心な暮らしの確保、教育環境の整備など、市民がいきいきとして暮らせるまちづくりに配慮した予算とするとともに、雇用・経済対策についても、低迷する経済情勢の中、平成20年度2月補正予算とあわせ景気回復への取り組みとして、投資的事業などや国の緊急地域雇用創出事業などを活用した雇用の創出に努めるなど、本市経済の安定と雇用の確保に配慮し、予算編成を行ないました。

 

4つの「まちづくりの基本目標」ごとの予算額

子育てを応援し、お年寄りが元気な米子

「ひと」がいきいき

  • 169億1,451万5千円(一般会計)
  • 264億3,283万9千円(特別会計)
ゆとりある心豊かな米子

「こころ」がいきいき

  • 33億1,193万7千円(一般会計)
  •       2,438万3千円(特別会計)

「暮らし」がいきいき

  • 57億1,033万7千円(一般会計)
  • 69億5,861万3千円(特別会計)

「自然」がいきいき

  •       7,068万6千円(一般会計)
活力みなぎる米子

「産業」がいきいき

  • 47億6,797万9千円(一般会計)
  •   1億5,742万6千円(特別会計)

「よなご」がいきいき

  • 41億5,713万7千円(一般会計)
  •   2億3,203万5千円(特別会計)
みんなのための市役所

「市役所」がいきいき

  • 127億5,040万9千円(一般会計)

【資料】
新しいウィンドウが開きます 平成21年度予算の概要(案) PDF 275キロバイト)

掲載日:2009年3月11日