平成22年度予算案の概要をお知らせします

本文にジャンプします
平成22年度予算案の概要をお知らせします

平成22年度予算案

平成22年度当初予算額 … 882億8,326万8千円

一般会計予算額 … 535億5,800万円

  • 対前年度予算(平成21年度6月補正後)と比べて1.4パーセントの減
  • 金額にして7億8,309万円の減額

特別会計予算額 … 347億2,527万円

  • 対前年度予算と比べて3.1パーセントの減
  • 金額にして10億9,895万円の減額

予算編成の基本的な考えかた

国の経済見通しでは、景気は緩やかに回復していくものと見込まれていますが、一昨年秋の100年に1度とも言われる金融危機に伴い景気や雇用情勢が急速に悪化した結果、企業の業績悪化や倒産、撤退などが相次いでおり、税収の早期回復が期待できる状況とは言い難いです。いっぽう、高齢化の進行などによる扶助費や介護保険事業・高齢者医療制度の経費などの増嵩は、今後も続くものと見込まれています。

また、平成22年度の地方財政においては、未曾有の経済危機の影響が税収入や交付金などの大幅な減収となって現れる見通しです。加えて、昨年の政権交代に伴う国の施策の動向などを注視しながら、これまで以上に慎重な財政運営を行うことが求められています。

本市では、平成18年3月に策定した「米子市行財政改革大綱・実施計画」により、この5年間で一定の効果をあげ、平成21年度末に45億円の赤字になるという予測は回避できる見通しとなりました。しかし、景気低迷の長期化、歳出の増加傾向などにより、財政状況は今後更なる悪化の方向に向かうことも強く懸念される状況となっています。

このため、平成22年度の予算は、極めて厳しい状況下での予算編成となりましたが、徹底した行財政改革を強力に推進しながらも、市民に最も身近な基礎的自治体として、必要な市民サービスについては適切に提供するよう配慮するなど、「暮らしやすく、元気な米子」の実現を図ることに重点を置いた編成とし、「米子いきいきプラン」の推進に向けた施策事業の実施に必要な予算の計上に努めたものです。

【資料】

新しいウィンドウが開きます 平成22年度予算の概要(案) PDF 332キロバイト)

掲載日:2010年2月25日