麻しん(はしか)・風しんの予防接種は、おすみですか?

本文にジャンプします
麻しん(はしか)・風しんの予防接種は、おすみですか?

中学1年生・高校3年生に相当する年齢のかたへ

平成19年に10代・20代を中心に麻しんが流行しました。
このため、新たに平成20年4月から5年間に限り、麻しん・風しんワクチンの接種を1回しか受けていない世代に、2回目の予防接種が始まりました。
対象は中学1年生・高校3年生に相当する年齢のかたで、年1回、無料で接種できます。

特に麻しんは感染力が強く、症状の重い病気です。
平成20年度に対象のかたで、接種がまだのかたは、早めに接種しましょう。

平成20年度の麻しん・風しんの予防接種

対象者

  • 中学1年生相当の年齢のかたは、平成7年4月2日から平成8年4月1日生まれのかたです。
  • 高校3年生相当の年齢のかたは、平成2年4月2日から平成3年4月1日生まれのかたです。

対象のかたには、平成20年4月に「予防接種の通知文書」をお送りしています。
また、転入されたかたには、転入手続き後、約2週間で通知文書をお送りしています。

接種ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

麻しんまたは風しんの一方にかかったかたは、麻しん風しん混合ワクチンを接種します。
ただし、単独のワクチン(麻しんワクチンか、風しんワクチン)を接種することもできます。
両方にかかったかたは、接種不要ですが、ご希望があれば接種できます。

接種期間

平成20年4月1日から平成21年3月31日まで

受けかた

委託医療機関で、次のものをご持参のうえ接種を受けてください。
(委託医療機関は通知文書に書いてあります。)

持参していただくもの
(1)母子健康手帳、保険証、学生証など本人確認ができるもの

母子健康手帳をお持ちのかたは、必ずご持参ください。

(2)予診票

予診票は、通知文書と一緒にお送りしています。
予診票を紛失した場合は、医療機関にある予診票をご使用ください。

(3)予防接種済証

予防接種済証は、通知文書と一緒にお送りしています。
予防接種済証を紛失した場合は、再発行しますので健康対策課にご連絡ください。
なお、母子健康手帳をお持ちの場合、予防接種済証は必要ありません。

接種費用

無料です。
(接種期間を過ぎた場合は、自費で約1万円かかります。)

注意事項

  • 予診票は、あらかじめご記入ください。
  • 妊娠中のかたは、接種できません。
  • 接種には、委託医療機関に予約が必要です。
  • 体調が良いときに、予防接種を受けてください。
  • 接種後2か月は、妊娠をさけてください。
掲載日:2008年9月11日