風水害に備えよう

本文にジャンプします
風水害に備えよう

台風や豪雨の威力は計り知れない反面、事前の対策次第で被害を最小限に抑えることが可能です。
いざというときに備え、家庭はもちろん、まちぐるみで日ごろから対策をとるようにしましょう。
被災後の復旧にも地域の協力は欠かせません。

わが家の台風・豪雨対策

屋内では

  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオ(予備電池を忘れずに)の準備を。
  • 避難に備えて貴重品など非常持出品の用意を。
  • 気象情報を注意深く聞く。
  • むやみに外出しない。
  • 飲料水を確保する(断水に備えて)
  • 浸水のおそれがある場所では、家財道具や食料品などの生活用品を高い場所へ移動。
  • 病人や乳幼児、身体の不自由な人などを安全な場所へ。

雨どい・雨戸

  • 雨どいに落ち葉や土砂がつまっていないか、継ぎ目のはずれや塗料のはがれ、腐れはないか。
  • 雨戸にガタツキやゆるみはないか。

屋根

  • 瓦のひび割れ、はがれはないか。
  • トタンのめくれやはがれはないか。

窓ガラス

  • ひび割れ、窓枠のがたつきはないか。また強風による飛来物などに備えて、外側から板でふさぐなどの処置を。

外壁

  • モルタルの壁に亀裂はないか。
  • 板壁に腐れや浮きはないか。

ブロック塀・板塀

  • ブロック塀にひび割れや破損箇所はないか。
  • 板塀にぐらつきや腐れはないか。

ベランダ

  • 鉢植えや物干し竿など、飛散の危険が高いものは室内へ。

その他

  • プロパンガスボンベは転倒防止がなされているか。
  • 商店などでは看板のぐらつきにも注意。
  • 庭の鉢植えに注意。室内に入れておきましょう。
  • テレビアンテナの設置状況をチェック。
  • 家の周りを一回りし、飛ばされそうなものはすべて室内に。

台風がやってきそう?!

正しい情報の収集を

  • 気象情報を正確に入手し早めの安全対策で、台風・豪雨の被害を小さくすることができます。
  • テレビやラジオの情報に注意し、デマにまどわされないようにしましょう。

【資料】

風の強さと被害想定

風速10から15

看板やトタン板が飛び始める。

風速15から20

風に向かって歩けない。

風速20から25

しっかりと体を確保しないと転倒する。

風速25から30

立っていられず、ブロック塀が壊れる。

風速30から

屋根が飛び、家が倒れることもある。

1時間の雨量と降りかた

10ミリから20ミリ

ザーザーと降り、雨音で話し声がよく聞こえない。

20ミリから30ミリ

どしゃ降り。側溝や下水、小さな川があふれる。

30ミリから50ミリ

バケツをひっくり返したように降り、道路が川のようになる。

50ミリから80ミリ

滝のように降り、土石流が起こりやすい。車の運転は危険。

80ミリ以上

雨による大規模な災害発生の危険があり、厳重な警戒が必要。
掲載日:2011年3月7日