補装具・日常生活用具の自己負担額変更のおしらせ(平成17年12月)

本文にジャンプします
補装具・日常生活用具の自己負担額変更のおしらせ(平成17年12月)

補装具・日常生活用具の自己負担額が変更になります

平成18年1月1日以降、身体障害者手帳をお持ちのかたで、

  • 補装具(義手、義足、車いす、補聴器など)の交付や修理を受けられるかた
  • 日常生活用具(盲人用体温計、視覚障がい者用拡大読書器、特殊ベッド、電気式たん吸引器など)の給付を受けられるかた

のうち、これまで自己負担のなかった市民税非課税世帯に該当するかたにも、新たに自己負担をお願いすることになります。

自己負担額の算定方法

同一世帯で、同月内に補装具の交付または修理、日常生活用具の給付を受けられるかたが1人の場合

  • 該当者が世帯主でなく、その世帯の最多収入者でない場合…月額1,100円
  • 該当者が世帯主、またはその世帯の最多収入者の場合…月額550円

同一世帯で、同月内に補装具の交付または修理、日常生活用具の給付を受けられるかたが2人以上いる場合

  • 交付または修理を受けられるかた…1人につき月額220円を加算

なお、市民税課税世帯の自己負担額は、これまでどおりです。

くわしくは、

障がい者支援課 支援第二係  電話:23-5159
淀江支所 福祉保健課 福祉係  電話:56-3113

まで、お問い合わせください。

掲載日:2005年12月20日