第23回加茂川まつりを開催します

本文にジャンプします
第23回加茂川まつりを開催します
このイベントは終了しました

加茂川まつり…風情ゆたかに

8月20日(日曜日)から23日(水曜日)まで

米子市内の中心を貫く旧加茂川は、鉄道が開通するまで、米子の玄関口・米子港から物資を運ぶ重要な水路でした。商都・米子の繁栄は、加茂川で成り立っていたのです。
こうした栄光の歴史をもつ加茂川は、町の近代化とともにその役割が忘れられ、急速に汚濁が進んでしまいました。しかしここ数年、加茂川の水質浄化や清流化に取り組む機運が盛り上がり、川の姿も本来の美しさを取り戻しつつあります。

そんな旧加茂川の糀町から灘町にかけては、岸にたくさんのお地蔵さんがあります。
昔から、8月23日には「地蔵盆」が行われていました。「地蔵さんまつり」の名で慣れ親しまれた地蔵盆は、「子どもの盆」ともいわれ、子どもたちの健康と安全を願うものでした。
この地蔵盆に、加茂川の清流復活やお年寄りの健康長寿の願いをこめ、「加茂川まつり」として開催を始めてから、今年で23回を数えます。
米子下町の風情をお楽しみください。

【加茂川まつり イベント案内】

8月20日(日曜日)

加茂川源流探検・森林学習会

8時30分から12時30分
集合場所:鹿島茶店前(立町2丁目)
参加費:1人1,000円
定員:50人

オープニングセレモニー

12時から14時
場所:鹿島茶店前(立町2丁目)
長寿祈願手タオルのプレゼントや地蔵福引きがあります。

8月21日(月曜日)

加茂川地蔵ウォーク

10時から
集合場所:笑い通り商店街 「田園」となり屋敷
参加費:1人500円

8月22日(火曜日)

加茂川夕涼み遊覧


今年から始まった新企画です。

18時30分から19時30分ごろまで
集合場所:笑い通り商店街 「田園」となり屋敷
参加費:1人2,000円
定員:20人

参加者にはおみやげがあります。
雨天の場合、中止となります。

8月23日(水曜日)

鬼太郎の里帰り

笑い通り商店街には、「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親、水木しげる先生のお母さんの生家があります。
その縁で、旧加茂川沿いで行なわれる「加茂川音頭パレード」や「舟下り」などのイベントに、鬼太郎が登場します。

茶店

紺屋町の瑜伽堂(ゆうがどう)橋前広場で、お飲み物をどうぞ。

復活 公園遊び

地元のサッカーチーム SC鳥取の選手たちと、鬼ごっこやめんこで遊ぼう!

15時から16時30分
場所:本通り商店街 ガイナーレ グリーンスクエア前

加茂川音頭踊りパレード

15時30分から、える・もーる一番街で
17時30分から、本通り商店街で

お地蔵さんテーリング

17時から19時30分
川沿いにある18体の地蔵をめぐるスタンプラリー。
スタンプラリーの用紙は、笑い通り商店街「田園」と「笑い庵」、18体のお地蔵さんのところにあります。

キャンドルナイト in加茂川

18時から21時
旧加茂川沿いの岸にペットボトルの灯ろうを置き、川をライトアップ

川下り

19時から20時
ライトアップされた加茂川を、糀町1丁目から灘町まで、ゆったりと舟で下ります。

また、期間中は、加茂川のライトアップや、商店街での茶店や出店などのイベントも行なわれます。

掲載日:2006年8月15日

掲載日:2006年8月15日