ロゴ・イメキャラの候補作品が決定しました

本文にジャンプします
ロゴ・イメキャラの候補作品が決定しました

「ロゴ」・「イメキャラ」の候補作品が決定!

…あなたのご意見やご感想をお寄せください

2005年12月19日

新生 米子市のイメージアップを図っていくため、全国から募集していた米子市のロゴマークとイメージキャラクター、おかげさまで、北は北海道から南は九州まで全国各地から184点のご応募をいただきました。
これらの応募作品を、市民の皆さん16人で構成する『みんなでロゴ・イメキャラをつくる会』で慎重に検討し、現在、それぞれの候補作品としてロゴマーク8点、イメージキャラクター6点まで絞込みを行ないました。
最終的には、それぞれ入選作品1点と準入選作品3点を決定することにしていますが、その前に、それぞれの候補作品や作者の作品への思いなどを、皆さんに公開し、ご意見やご感想などをいただきながら最終決定に向かっていきたいと考えています。
忘年会で、クリスマスパーティーで、年末年始にご家庭で、ぜひ話題にしていただき、ご意見やご感想をお寄せください。

意見の募集期間は、平成18年1月13日(金曜日)まで。
郵送、ファックス、Eメールでお寄せください。

応募先

郵便番号683-8686
米子市加茂町1丁目1番地
米子市企画部企画課 ロゴ・イメキャラ事務局
ファックス:23-5392
Eメール:kikaku@city.yonago.lg.jp

候補作品

【米子市のロゴマーク】

画像をクリックすると、新しいウィンドウで大きな画像が開きます。

作品1

作者からひとこと

「豊かな自然」、「湯煙」、「波頭」、「歴史・文化」、「古代ロマン」など、いろいろなイメージを米子の文字にデザインし、力強く躍動する姿をデザイン。

作品2

作者からひとこと

米子市のイニシャル「Y」をモチーフに、「コハクチョウの南限飛来地・米子」をイメージしたロゴマーク。
シルエットは伯耆富士、大山です。

作品3

作者からひとこと

米子市の「米」、「子」の文字を重ねてデザインしたロゴマーク。
古くから“商都”として栄えた「交流のまち・米子」をイメージし、人々が集い、行きかう様子を表現。

作品4

作者からひとこと

モチーフは米子市の「よ・Y」と白鳥と元気です。
グリーンは豊かな緑を、ブルーは水(中海・美保湾など)を、オレンジは太陽とみのり(産物・産業・文化など)を表しています。
全体で自然と共生し、活気に満ちた、東アジアをリードする交流都市のイメージです。

作品5
作品6

作者からひとこと

「YONAGO」の「Y」をコハクチョウの飛翔で図案化。

作品7
作品8

【米子市のイメージキャラクター】

画像をクリックすると、新しいウィンドウで大きな画像が開きます。

作品1

作者からひとこと

米子市の弓ヶ浜地区で栽培されている「ネギ」と、米子のアルファベット標記の頭文字「Y」をデザインしたものです。また、淀江町の名物「どんぐり」を身に付けています。

性格は温厚で気弱。自分は他のネギとちょっと違うことに気づき、安住の地を求めて米子じゅうを旅している。いつもどんぐりのポシェット「柏木さん」を身に付けている。

「柏木さん」について…
柏木さんはどんぐりの形をしたポシェット。強気な柏木さんはいつもネギ太を叱咤している。いつか立派なカシワの木になるのが夢。

作品2

作者からひとこと

顔…お米(米子のおいしいお米)
体…葱(米子特産、おいしい白ネギ)
帽子…胚芽のあったへこみにかぶっています

作品3

作者からひとこと

コハクチョウがつつじの帽子をかぶっているキャラクターです。
米子市の花であるつつじと、これから成長が期待できるコハクチョウをモチーフに考えました。大きくはばたいてくれることを望んでいます。

作品4

作者からひとこと

米子市から「お米」をイメージして描きました。
旧淀江町との合併により、農作物もアピールできるかと思いました。そして、スポーツも盛んな米子市は、全国からも多数の人が参加されるトライアスロン発祥地です。トライアスロン発祥の地をより多くの人たちに知っていただければ…と思い、このキャラクターを考えました。

作品5

作者からひとこと

キャラクター本体は広く豊かな“米生郷”から生まれたお米からイメージ。
頭から生えた“触角”部分は、豊かに実った稲穂と、白鳥や野鳥の羽の2つを意図しています。
また、その触角部分と尻尾の部分のシルエットで、都市を構成する「米子」と「淀江」のアルファベット頭文字“Y”を表現しています。

作品6

作者からひとこと

米子の特産品と子どもの姿で未来を表現しました。
まだ飛べないコハクチョウの子ども、でも毎日がんばって飛ぶ練習。母の手作りのかすりのマントとネギのお弁当はいつもかかせません。

掲載日:2011年3月4日