平成17年度「環境にやさしい米子市役所率先実行計画」の点検結果

本文にジャンプします
平成17年度「環境にやさしい米子市役所率先実行計画」の点検結果

米子市では、平成13年度から「環境にやさしい米子市役所率先実行計画」を策定して、省エネルギーや省資源など、環境を守るための取り組みをしています。
これは電気や公用車の燃料の使用量を減らしたり、庁舎の冷暖房を適正な温度に設定して、地球温暖化の原因となる温室効果ガス(二酸化炭素など)を減らそうとするものです。
このほか、OA用紙やごみの削減にも取り組んでいます。

また、平成16年度から本庁舎で、平成18年からは第2庁舎でも、これらの取り組みのいっそうの推進を図るため、環境の国際的な標準規格ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を受け、継続的改善を図っています。
米子市は「環境にやさしい市役所」をめざして、今後も取り組みを進めていきます。
皆さんもできることから始めてみませんか。

【参考資料】

平成17年度 環境にやさしい米子市役所率先実行計画の点検結果

点検項目:
温室効果ガス(二酸化炭素など)

目標値:
市の全機関から排出される温室効果ガス(二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素)の量を平成11年度と較べて8パーセント削減する。

点検結果:
基準年(平成11年度)より0.5パーセント減少

グラフ:温室効果ガス排出量

年度 平成
11年度
(基準年)
平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
平成
16年度
平成
17年度

排出量

4,224トン 3,887トン 4,089トン 3,915トン 4,085トン 4,202トン

環境政策課での評価:
都市ガス使用量は順調に減少していますが、電気、プロパンガス、自動車のガソリンの使用量は増加しています。
これは、仕事量の増加によるものと推測されますが、目標値には遠く及ばないため、取り組みの徹底が必要と考えています。

点検項目:
可燃ごみと不燃ごみ

目標値:
市の全機関から排出される可燃ごみ・不燃ごみの量を、平成12年度と較べて10パーセント削減する。

点検結果:
可燃ごみは基準年(平成12年度)よりも7.9パーセントの減少
不燃ごみは基準年(平成12年度)よりは21.5パーセントの減少

グラフ:可燃ごみ排出量

年度 平成
12年度
(基準年)
平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
平成
16年度
平成
17年度

排出量

144,037
キロ
146,539
キロ
132,064
キロ
126,128
キロ
132,494
キロ
132,658
キロ

グラフ:不燃ごみ排出量

年度 平成
12年度
(基準年)
平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
平成
16年度
平成
17年度

排出量

21,720
キロ
22,138
キロ
22,651
キロ
22,389
キロ
20,228
キロ
17,051
キロ

環境政策課での評価:
職員の意識改革によるものと評価をしていますが、可燃ごみは、目標に達成していないため、更なる徹底が必要です。
不燃ごみは、目標を達成していますが、引き続き、省ごみ化に取り組んでいきます。

点検項目:
OA用紙購入量

目標値:
市の全機関でのOA用紙購入量を前年より削減する。

点検結果:
基準年(平成16年度)より5.1パーセント増加

グラフ:OA用紙購入量

年度 平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
平成
16年度
平成
17年度

排出量

69,510キロ 67,370キロ 69,618キロ 67,161キロ 70,620キロ

環境政策課での評価:
いろいろな説明会での資料配布など、市民への情報提供が増えたことなどが考えられます。
今後は、庁内向け資料の電子化、資料の共有化などにより、OA用紙購入量削減をさらに徹底します

掲載日:2007年1月5日