米子市環境マネジメントシステム 「環境方針」

本文にジャンプします
米子市環境マネジメントシステム 「環境方針」

ISO14001認証取得に向けて…

米子市環境マネジメントシステム

【環境方針】

基本理念

私たちの住む米子市は、碧輝く日本海を望み、白砂青松の弓ヶ浜、水鳥が集う中海、秀峰大山に連なる緑あふれる山々、豊かな清水をもたらす日野川など、すばらしい環境に恵まれています。
しかしながら、今日の大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会経済活動の拡大や経済活動の資源浪費型への変化は、身近な地域での自然環境や生活環境の変化のみならず、全ての生物の生存基盤である地球環境にまで大きな影響を及ぼす状態となっています。
私たちは、こうした現状を深く認識するとともに、環境負荷の低減と環境保全に取り組んでいくことが重要な課題となっています。
米子市は、地球温暖化防止のための行動指針「アジェンダ21よなご」を策定し、さらには、地域の環境ひいては地球環境保全の理念を定めた「米子市環境基本条例」を制定して、市、市民及び事業者の責務を明らかにしました。
この環境基本条例に定めた本市の責務を果たし事務事業が地域の環境、そして地球環境に与える負荷を可能な限り低減するために、ISO14001規格に基づく環境マネジメントシステムを構築します。そして、自ら環境負荷の低減に取り組むとともに、環境施策の一層の推進を図りながら循環型社会の実現と良好な環境の保全及び創造をめざします。

基本方針

  1. 地方公共団体としての事務事業が及ぼす環境への著しい影響を認識し、地球温暖化等の地球環境問題に対し積極的に取り組みます。

  2. 環境へ著しい影響を及ぼす有害な原因及び環境保全事業について、技術的及び経済的に可能な範囲内で達成すべき環境目的及び環境目標を設定し、これを定期的に見直し、継続的改善及び汚染の防止に努めます。

  3. 環境法令及び市が同意するその他の要求事項を順守します。

  4. 米子市で働く又は米子市のために働くすべての人が環境方針に沿った行動を継続的に実施できるよう役割、責任及び権限を明らかにします。

  5. 環境方針及び環境マネジメントシステムの実施結果は米子市で働く又は米子市のために働くすべての人に周知するとともに、環境方針は広く一般に公開します。

平成17年8月29日

米子市長 野坂康夫

掲載日:2005年8月29日