新・米子市の組織(平成17年2月28日)

本文にジャンプします
新・米子市の組織(平成17年2月28日)

淀江町との合併に伴う新しい米子市の組織機構は、淀江支所の設置を除き、基本的には合併前の米子市の組織機構を引き継ぎます。
また、淀江支所のほか、サービスの向上目的や制度の変更にともなって、新しく課や係を設置します。

淀江支所の設置

現在の淀江町役場を、部に相当する「淀江支所」とし、支所の中に4つの課と教育委員会事務局の淀江分室を置きます。
淀江支所では、現在の淀江町の区域内における地域振興、地域基盤整備、住民福祉などについて、窓口業務、相談業務を中心とした事務を取り扱います。

淀江支所と教育委員会事務局淀江分室の組織は、次のとおりです。

  • 振興課 - 総務係、行政係
  • 市民生活課 - 市民係、税務保険係
  • 健康福祉課 - 福祉係、保健衛生係
  • 地域整備課 - 事業係、経済係
  • 教育委員会事務局淀江分室 - 教育係

「フロアマネージャー」

「この手続きは、どこですればよいのか?」
「困っていることがあるんだけど、どこで相談したらよいですか?」
市役所にお越しのかたのお話を聞き、ご案内をする係として、新しく「フロアマネージャー」を市役所1階に置きます。

入札・契約事務の一本化

総務部に新しく「入札契約課」を置き、その中に「契約係」を置きます。
これまで建設工事の入札・契約はそれぞれの課で、物品、役務の入札・契約は会計課で行っていましたが、これらの事務を一本化し、事務の合理化、入札と契約の透明性と公平性の確保を図ります。
なお、入札契約課の設置に伴って、会計課の用度係を廃止します。

児童虐待防止対策体制の充実

児童福祉法の改正により、児童相談業務の窓口が、県の児童相談所から市町村へ移ることになりました。
これにあわせ、福祉保健部児童家庭課に新しく「家庭児童相談室」を置き、児童虐待防止対策などを担当する組織としての充実を図ります。

学校給食に関する事務を担当する部署の明確化

現在は、教育施設としての位置付けである学校給食センターに給食係を置いて、学校給食に関する事務を担当しています。
このたび、学校給食に関する事務や学校給食センターほか各共同調理場の業務の管理運営に関する事務を担当する部署としての明確化を図るため、教育委員会の事務局に新しく「学校給食課」を設置し、その中に「給食係」を置きます。

全国スポ・レク祭の開催準備と推進体制の整備

教育委員会事務局に新しく「スポ・レク祭推進室」を置き、平成18年10月に鳥取県内で開催予定の全国スポ・レク祭の開催準備と推進体制の整備を図ります。
なお、米子市での開催種目は、ソフトボール、ソフトテニス、インディアカの3種目です。

リンク(新しいウィンドウで開きます) … 新しい米子市の行政機構図(平成17年3月31日現在)  (PDF 21.4キロバイト)

掲載日:2005年2月28日