第25回(平成16年)全日本トライアスロン皆生大会

本文にジャンプします
第25回(平成16年)全日本トライアスロン皆生大会

第25回全日本トライアスロン皆生大会

2005年7月8日

7月17日(日曜日)7時スタート!

日本で初めてトライアスロンが行われた地、皆生。
1981年の第1回大会から、今年で25回を数えます。

今年も日野川河口から、全長190.195キロメートルの鉄人レースがスタートします。
皆生の青い海、大山山ろくの緑、弓ヶ浜の白砂青松と自然に恵まれた鳥取県西部6市町村にまたがるコースを水泳・自転車・マラソンで駆け抜ける過酷な競技に、今年はサイパンからの招待選手2人を含む800人が参加。
制限時間の午後9時30分までの間、熱い戦いが繰り広げられます。

  • 水泳…3キロ 皆生温泉海岸
    (7時スタート 制限時間:9時)
  • 自転車…145キロ 国立公園大山山ろく
    (制限時間:15時30分)
  • マラソン…42.195キロ 弓ヶ浜半島沿岸
    (制限時間:21時30分)

【コースマップ】
新しいウィンドウで開きます 第25回全日本トライアスロン皆生大会コースマップPDF 807キロバイト)

フィニッシュは、県営米子屋内プール前(皆生温泉3丁目)。ゴール前の通称「フィニッシャーズストリート」での家族や友人と手をつないでの手つなぎフィニッシュは、皆生トライアスロンの名物にもなっています。トップ選手のフィニッシュは、15時前後の予想です。

過酷なレースを戦う選手の力になるのは、皆さんからの応援です。
駆け抜ける選手たちへ、3,000人のボランティアスタッフと一緒に、笑顔と拍手と声援をお願いします!

皆生大会25周年記念
「トライアスロンシンポジウム」

25周年記念大会の今年は、開会式・閉会式を米子コンベンションセンターで開催します。
開会式の日、7月16日には「トライアスロンシンポジウム」と題し、片山善博鳥取県知事の基調講演のほか、第1回大会の優勝者でフォークシンガーの高石ともやさん、米子出身の「ミスタートライアスロン」こと小原工さん、日本トライアスロン連合理事長の荒井憲二さんをお招きしたパネルディスカッションが行われます。
どなたでも参加できますのでお出かけください。

7月16日(土曜日)

13時から14時:選手登録
14時から16時:トライアスロンシンポジウム
16時から17時:開会式・ルール説明

入場無料です。

7月18日(月曜日)

10時30分から13時:表彰式・パーティー

どなたでも参加できますが、参加料が必要です。

お問い合わせ 

皆生トライアスロン協会
電話:(0859)34-2819

掲載日:2005年7月8日