米子市個人情報保護条例の罰則を適用します

本文にジャンプします
米子市個人情報保護条例の罰則を適用します

…平成20年7月1日から全面施行

個人の尊厳の確保と基本的人権の尊重のためには、個人情報の保護が重要です。
そこで、米子市では、より適切な個人情報保護対策を実施するため、「米子市個人情報保護条例」の改正し、一部を除き、平成20年4月1日に施行しました。
平成20年7月1日からは、米子市が保有する個人情報を不正に利用した者と、不正に個人情報を収集した市の職員に対して、罰則を適用します。

罰則規定

第37条

対象者:
  • 米子市の職員(元職員を含む)
  • 受託業務の従事者(元従事者を含む)
  • 指定管理業務の従事者(元従事者を含む)
対象情報:

個人の秘密に属する事項が記録された保有個人情報を含む情報の集合物
(コンピュータを用いて検索できるよう体系的に構成したもの)

行為:

正当な理由がないのに提供したとき

量刑:

2年以下の懲役または100万円以下の罰金

第38条

対象者:
  • 米子市の職員(元職員を含む)
  • 受託業務の従事者(元従事者を含む)
  • 指定管理業務の従事者(元従事者を含む)
対象情報:

その業務に関して知り得た保有個人情報
(個人の秘密に属さない情報も含む)

行為:

不正な利益を図る目的で提供・盗用したとき

量刑:

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

第39条

対象者:
  • 受託者
  • 指定管理者
対象情報:

第37条・第38条の対象情報

行為:

受託者指定管理者の代表者・代理人・使用人・その他の従業者が、第37条・第38条の違反行為をしたとき

量刑:

行為に応じ、第37条・第38条の罰金

第40条

対象者:

米子市の職員

対象情報:

個人の秘密に属する事項が記録された文書・図書・写真・フィルム・電磁的記録

行為:

職権を濫用して、その職務に使用する以外の目的で収集したとき

量刑:

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

第41条

第37条から第40条までの規定は、米子市外でこれらの罪を犯した者にも適用します。

第42条

対象者:

開示決定に基づく保有個人情報の開示を受けた者

対象情報:

保有個人情報

量刑:

偽りや、その他不正の手段により開示を受けたとき

行為:

5万円以下の過料

「保有個人情報」とは、米子市情報公開条例で規定している公文書のうち、米子市職員が職務上、作成・取得し、組織的に利用するものとして保有している個人情報をいいます。

【資料】

新しいウィンドウ・タブが開きます。 「米子市個人情報保護条例」 PDF 42.2キロバイト)

掲載日:2008年6月27日