米子市震災に強いまちづくり促進事業(平成19年度)

本文にジャンプします
米子市震災に強いまちづくり促進事業(平成19年度)

平成19年度米子市震災に強いまちづくり促進事業

募集は終了しました
平成19年度の募集は、終了しました。

耐震診断を実施される住宅や建築物の所有者のかたに対して、その費用の一部を助成しています。
さらに、平成19年度は耐震診断費用のほか、耐震改修工事と耐震改修設計費用も対象としました。

米子市震災に強いまちづくり促進事業

補助対象建物

昭和56年5月31日以前に工事に着手された一戸建て住宅
(店舗等の用途を兼ねるものについては、店舗等の部分の床面積が延べ床面積の2分の1未満のものに限ります。)

耐震改修工事は、さらに、次の3つの要件があります。

  1. 耐震診断により、地震に対して倒壊する危険性が高いと評価されていること。
  2. 外壁から前面道路との境界線までの距離が、平屋建ての場合は2メートル以内、地上2階建て以上の場合は4メートル以内に建てられていること。
  3. 既成市街地の区域内にあること

「既成市街地」とは、住宅の密度が、原則として1ヘクタールあたり30戸以上となる、区域内住宅戸数が300戸以上のおおむね5ヘクタール以上の区域をいいます。

補助金の額

【耐震診断】

耐震診断に要する費用の3分の2の額。
(診断方法によって、上限の額が異なります。)

補助金の上限額と予定戸数
診断方法 上限額 平成19年度
予定戸数
比較的簡易な診断方法 上限額4万円 15戸分を予定
比較的精密な診断方法 上限額16万円 2戸分を予定

なお、予定戸数は予算などの都合で変更することがあります。

【耐震改修工事・耐震改修設計】

耐震改修工事に要する費用の約15.2パーセントの額で、上限額は100万円です。
耐震改修設計は、耐震改修設計に要する費用の3分の2の額で、上限額は13万3千円です。

平成19年度は、2戸分を予定していますが、予算などの都合で変更することがあります。

補助金の額は、建物の面積などにより異なる場合があります。
くわしくは建築指導課にお問い合わせください。
また、「米子市耐震パンフ」もあわせてご確認ください。

【資料】
新しいウィンドウ・タブが開きます米子市耐震パンフ PDF 35.4キロバイト)

受付け

【耐震診断】

申込みは、受付順とさせていただきます。

【耐震改修工事・耐震改修設計】

補助金を受けるためには、耐震改修工事の前に耐震診断を行なう必要があります。
耐震診断とあわせてご相談ください。

耐震診断・耐震改修を希望されるかたへ

まずは、建築士にご相談を!

耐震診断・改修設計は、建物の構造にくわしい建築士(一級建築士、二級建築士、木造建築士)が行ないます。建築士は、建築設計事務所や工務店などに所属しています。

補助金の申請には…

補助金を受けるためには、着手される前に、建築指導課への申請(補助金交付申請)が必要です。(診断や改修を始めてからは、補助金を受けることができません。)

建築指導課窓口では、申請の事前相談を行なっています。
相談の際は、建物の建築年や床面積などがわかるもの(建物の登記事項証明書、家屋の課税証明書、固定資産課税評価事項証明書など)をご用意ください。
これらの書類は補助金の申請時にも必要になります。

補助金の申請方法は、資料「補助金手続きの流れ」でご確認ください。

【資料】補助金手続きの流れ

事業の着手についてのご注意

耐震診断・改修設計・耐震改修の着手は、補助金交付申請に対する「補助金交付決定通知書」の交付を受けた後に行なっていただきますので、ご注意ください。

参考

新しいウィンドウ・タブが開きます米子市震災に強いまちづくり促進事業補助金交付要綱
 PDF 113キロバイト)

新しいウィンドウ・タブが開きます補助金申請等の様式 PDF 118キロバイト)

新しいウィンドウ・タブが開きます建築物の耐震改修の促進に関する法律(抜粋)
 PDF 7.62キロバイト)

掲載日:2007年11月27日