2008年米子市政主要ニュース

本文にジャンプします
2008年米子市政主要ニュース

2008年は皆さんにとってどんな年でしたか?
この1年を振り返り、米子市政の主なできごとを選んでみました。

「2008年米子市政主要ニュース」は、米子市の施策や、市が主催・共催・後援したイベントなどの中から、市長、副市長をはじめ各部長などで構成される庁議で選定しました。
なお、ニュースには順位をつけていません。

米子市民自治基本条例(仮称)の策定に着手(4月)

米子市民が元気にいきいきと暮らしていくための「まちづくりのルール」としての米子市民自治基本条例(仮称)の策定を目指し、4月に「米子市民自治基本条例検討委員会」が発足しました。
委員会は公募委員24人で構成され、条例素案の検討・作成、条例素案に関する市民などからの意見募集、条例素案に関する市民などへのPR・説明など、「米子市民自治基本条例(仮称)」の策定に向けて取り組んでいます。

お問い合わせ…協働参画課
電話:(0859)23-5373

新学校給食センター業務開始(4月)

学校給食センターが東福原から大谷町へ移転しました。
整備には、国庫支出金などのほか、一昨年に実施した「よなご市民債」を活用しました。

お問い合わせ…学校給食課
電話:(0859)33-4751

ふるさと納税「がいなよなご応援基金」(4月)

ふるさと米子の未来を応援いただけるかたがたからの寄附金を積み立てる「がいなよなご応援基金」を平成20年度から設けました。
いただいた寄附金は、ふるさと米子の未来に向けて、文字どおり「がいな」発展を目指すために、5つの使いみちの中から寄附者が指定された使いみちに沿って、有効に活用します。

リンク … ふるさと納税「がいなよなご応援基金」

お問い合わせ…行政経営課
電話:(0859)23-5306

市政懇談会を市内全域で実施(7月から10月)

市政懇談会「市長と語ろう、協働のまちづくり」を開催し、米子市が直面している課題、それに対する市の取組状況、市民との連携などについて、市長が29地区の公民館に出向いて説明しました。
約1,200人の市民の皆さんにご参加いただき、さまざまな意見交換を行ないました。

お問い合わせ…秘書広報課
電話:(0859)22-5042

環日本海拠点都市会議 米子で開催(8月)

日本海対岸諸国の都市同士との交流と、この圏域の共同発展や繁栄を話し合うため、韓国から束草(ソクチョ)市・ 東海(トンヘ)市・浦項(ポハン)市、中国から琿春(フンチュン)図們(トモン)市、そして国内の日本海沿岸の各都市代表団を米子に迎え、経済・観光分野、環境分野で、各都市の首長が意見交換を行ないました。

お問い合わせ…総合政策課
電話:(0859)23-5374

「山陰文化観光圏整備実施計画」が認定されました(10月)

県境を越えた広域連携で観光振興を図るために鳥取・島根の官民で組織された協議会の「山陰文化観光圏整備実施計画」が、観光庁に認定されました。
今後、計画に盛り込まれた32事業を、平成24年度まで国の支援を受けながら進め、新たな観光ルートづくりなどに取り組んでいきます。

お問い合わせ…観光課
電話:(0859)23-5211

米子空港滑走路延長に伴う米子空港駅・迂回路完成(6月・10月)

滑走路延長に伴い、大篠津駅が空港ビル近くに新設移転し、米子空港駅と改称されました。また、迂回路も完成しました。

お問い合わせ…総合政策課
電話:(0859)23-5273

「米子市中心市街地活性化基本計画」が認定されました(11月)

中心市街地の活性化を図るための方針や施策、事業などを取りまとめ、内閣総理大臣へ認定申請した「米子市中心市街地活性化基本計画」が認定されました。
今後、国のさまざまな支援策を活用しながら、継続事業を含めた64事業を実施し、中心市街地の活性化を図っていくこととしています。

リンク … 米子市中心市街地活性化基本計画が、
国に認定されました

お問い合わせ…総合政策課
電話:(0859)23-5356

JR米子駅バリアフリー化へ(11月)

これまで、障がいのあるかたや、高齢のかたをはじめ多くのかたから強い要望の寄せられていた米子駅に、エレベーターとエスカレーターのある新しい跨線橋や多目的トイレなどを整備するバリアフリー化が実現することになりました。
平成21年の秋に着工し、平成23年3月に完成の予定です。

お問い合わせ…総合政策課
電話:(0859)23-5351

ネーミングライツ実施(11月)

財源確保の方法として、広報紙や封筒などの有料広告などに加え、米子市有施設への命名権(ネーミングライツ)を導入しました。
米子市東山運動公園の愛称は「どらやきドラマチックパーク米子(略称:どらドラパーク米子・スポンサー:丸京製菓株式会社)」、美術館・図書館エリアの愛称は「ハピネライフケア文化広場(スポンサー:株式会社ハピネライフケア)」に決まりました。(平成23年度末まで)

 

リンク … 東山運動公園と美術館・図書館・憩の道エリアに
愛称がつきます

お問い合わせ…行政経営課
電話:(0859)23-5332

史跡米子城跡を整備へ(11月)

史跡米子城跡を計画的・継続的に保存整備していきながら、潤いや憩いをもたらす大切な都市空間として利活用するために、「史跡米子城跡整備計画基本構想(案)」を11月にまとめました。
この事業は、新米子市総合計画の『ゆとりある心豊かな米子』の実現や、新市まちづくり計画における『豊かな心を育む教育と文化のまちづくり』の事業として位置付け、中心市街地活性化基本計画の主要施策として積極的に推進していきます。

リンク … 史跡米子城跡整備計画基本構想(案)をまとめました

お問い合わせ…文化課
電話:(0859)23-5436

掲載日:2008年12月25日