第2回ゆるキャラカップin鳥取砂丘

本文にジャンプします
第2回ゆるキャラカップin鳥取砂丘
ここから本文です

…「第2回ゆるキャラカップin鳥取砂丘」

ヨネギーズ、鳥取砂丘に再び参上!

平成19年11月11日(日曜日)、鳥取砂丘オアシス広場で「第2回ゆるキャラカップin鳥取砂丘」が開催されました。
「第2回ゆるキャラカップ」には、山口県を除く中国地方4県と兵庫県から、43体(第1回は29体)のゆるキャラが参加。
障害物競走や相撲、大縄跳びなどの競技に、「オレ達はゆるくない!」と真剣な表情で取り組み、県内外から訪れた多くの観光客を楽しませてくれました。

米子市のイメージキャラクター「ネギ太」と「ネギ子」、2人あわせて「ヨネギーズ」は、今年3月に続き2度目の参加。
今回も、会場を訪れていたたくさんの子どもたちや女性ファンに囲まれ、何度も記念撮影をせがまれていました。

マスコミもヨネギーズに大注目!
取材を受けるヨネギーズ

もちろん、前回同様、すべての競技にエントリー。
まずは、全員参加の綱引きから。

綱引きヨネギーズ! ネギ太、必死です!

ネギ太、自爆!
やりすぎて大転倒!

この後、ネギ太は湯梨花ちゃん(とっとり梨の花温泉郷広域観光協議会)に助けてもらいました。

続いて、「15メートル障害物競走」
「前回のリベンジ!」というよりは、(なにせ運動が苦手なヨネギーズですので、)今回も「参加することに意義あり!」となるだろうという周囲の予想をみごとに裏切り、予選第4組に参加したネギ太が、ピットくん(日本海ケーブルネットワーク)、ナシータ(2009鳥取・因幡の祭典実行委員会)、出雲ちゃん(島根県立古代出雲歴史博物館)、らっちゃん(鳥取市福部町総合支所)などの強豪ゆるキャらを相手に、堂々の1位で予選通過となりました!

全力疾走ヨネギーズ!
今回の活躍は、気合いを入れるためのハチマキによるもの、とのウワサ。
(決して、動きにくかったから紐でくくった、というわけではなく。)
なお、感動のゴールの瞬間は、カメラマンが興奮していたため、写真がありません。

次の「相撲」では、ネギ子が里ちゃん(岡山県里庄町)と、ネギ太は雲太くん(島根県立古代出雲歴史博物館)との対戦となり、もう少しで押し出しかっ、とどちらも善戦しましたが、惜しくも敗れてしまいました…

大相撲ヨネギーズ!

見合って見合って!

なお、勝敗の瞬間は、カメラマンが興奮していたため、写真がありません。

最後の競技は、「大縄跳び」


兵庫県の「はばタン」、さすがのジャンプ!

前回は0回という不名誉記録を樹立した大縄跳びでは、あの走ったり跳んだりが大の苦手のネギ子が、なんと4回もみごとなジャンプを披露!

ネギ子、ジャンプ!

勢いに乗った(?)ネギ太も1回のジャンプに成功!!

ネギ太、ジャンプ!

…転倒

ネギ太、再ジャンプ!まさに「ヨネギーズ空を舞う」といった感じ

…再転倒

…とりあえず、「やればできる」ことを証明したのです。

最終結果は、障害物競走で思わぬ活躍をしたネギ太が総合12位タイ、また、ネギ子も総合17位タイと大健闘で競技を終えました。

闘い終われば、みんな友だち。

北栄町の夏味ちゃんとなかよしになりました。

当日行なわれた「ゆるキャラ人気投票」では、残念ながら全国的に知名度の高いトリピーが一番でしたが、携帯ストラップ効果やどんぐりポシェットの人気などで、ヨネギーズもなかなか。

ネギ太と握手!

会場のあちこちからの「かわいい!」の声や、子どもたちからの「ネギ!ネギ!」の連呼に、全国区への手ごたえを感じた1日でした。

スタッフとして参加した米子市の若手職員も、ヨネギーズの健闘をたたえながら、次回(もしあれば)のさらなる活躍を心に誓い、ヨネギーズとともに会場を後にしたのでした。

応援ありがとうございました!

掲載日:2007年11月14日