淀江支所・教育委員会事務局淀江分室のあり方の見直し(検討結果)

本文にジャンプします
淀江支所・教育委員会事務局淀江分室のあり方の見直し(検討結果)

…平成20年4月に向けた検討結果

米子市は、平成17年3月31日に旧米子市と旧淀江町の合併により誕生し、合併にあたっては、旧米子市役所を新市の本庁舎とし、旧淀江町役場に淀江支所と教育委員会事務局淀江分室を置くこととしました。

合併による効率性(スケールメリット)を組織機構・職員の定員の面でも最大限発揮させる必要があった中での淀江支所・淀江分室の設置は、淀江地区住民に対する合併に伴う激変緩和と、旧淀江町役場の有効活用を図ることを目的としたものでした。

しかしながら結果として、組織機構・職員の定員の面はもとより事務処理の面でも、いわゆる「二重行政」の状態になっており、新市の真の一体化を図る上でも、今後、市民の皆さんの理解を得ながら、この合併に伴う激変緩和措置を段階的に廃止し、新市として適正な規模の組織・職員体制を構築していかなければなりません。

そこで、今後、定期的(おおむね3年ごと)に激変緩和措置の継続の必要性について検討し、淀江支所・淀江分室のありかたを段階的に見直すこととしました。

合併後3年を経過する平成20年4月に向けては、平成19年度当初から、支所などの各課と関係本課で共同検討作業を進めてきており、先般、その検討結果を取りまとめ、米子市淀江地域審議会に諮問し、この見直しを妥当と認める旨の答申を受けました。
これにより、米子市は、平成20年4月1日付けで、この見直しを行なうこととしました。

【資料】
新しいウィンドウ・タブが開きます淀江支所・淀江分室のありかたの見直しについて
 (PDF 31.3キロバイト)

見直しの主な内容

引き続き淀江支所で行なう予定の事務

戸籍・住民基本台帳、印鑑登録、国民健康保険・老人医療、介護保険・高齢者福祉など、身近な窓口サービス147事務は、一部の利用実績の少ないものを除き、引き続き淀江支所で行ないます。

【資料】
新しいウィンドウ・タブが開きます引き続き淀江支所において行なう事務 (PDF 20.6キロバイト)

本課へ統合する予定の事務

84の事務を本課に統合します。
なお、淀江分室の担当事務は、合併後、平成17年度から統合に向けた調整を進めてきており、すべての事務を本課に統合します。

担当課 本課に統合する主な事務
淀江支所 振興課

ケーブルテレビの施設管理
交通安全指導員の業務指導
巡回バス「どんぐりコロコロ」

など13事務

市民生活課

改葬の許可
住民基本台帳カードの発行
公図の閲覧
児童福祉施設などの利用相談

など38事務

地域整備課

市道・河川の施設管理
農業担い手育成・対策
盆踊り花火大会を除く地域イベント支援

など10事務

教育委員会
事務局
淀江分室

就学相談
公民館その他教育関係施設の管理・運営
地域活動団体事務(社会教育・人権関係)
文化財の管理

など23事務

【資料】
新しいウィンドウ・タブが開きます淀江支所・淀江分室に係る事務の本課統合検討結果
 (PDF 39.1キロバイト)

組織機構の改正

淀江支所は引き続き設置しますが、淀江分室は廃止します。

現行
淀江支所 振興課 総務係
行政係
市民生活課 市民係
税務保険係
福祉係
地域整備課 事業係
経済係
教育委員会事務局 淀江分室 教育係
改正後
淀江支所 地域振興課 総務係
事業係
経済係
市民生活課 市民係
税務保険係
福祉係
振興課と地域整備課を統合し、「地域振興課」を再編
教育委員会事務局淀江分室を廃止

定員の適正化

淀江支所・淀江分室の職員の定員を適正化し、現行の32人から8人減の24人とします。

淀江支所

現行:27人 → 適正化後:24人(3人減)

淀江分室

現行:5人 → 適正化後:廃止(5人減)

掲載日:2007年11月26日