行財政改革大綱実施計画を改定しました

本文にジャンプします
行財政改革大綱実施計画を改定しました

米子市では、新たな行財政改革の推進に向けて、平成18年3月23日に「米子市行財政改革大綱」とその実施計画を策定し、それに基づき、行財政改革に取り組んでいます。
このたび、平成17年度分の行財政改革の推進状況を受けて、

  • 実施項目のうち、4項目の予定年度の変更
  • 水道局の取り組みに4項目を追加

という実施計画の改定を、平成18年10月30日付けで行ないました。

改定内容

平成17年度実施予定分のうち、未実施分の実施予定年度を「平成18年度」に繰り下げ

  • 整理番号 2-(1)-(3)
    「単独扶助事業の見直し」のうち、「9.要・準要保護児童生徒医療扶助事業」
  • 整理番号 15-(1)-(4)
    「特別会計への繰出金のありかたの検討」
  • 整理番号 18-(2)-(1)
    「市民参画推進計画の策定」
  • 整理番号 18-(2)-(2)
    「パブリックコメントの制度化」

水道局の取組項目の追加

  • 整理番号 8-(1)-(2)
    「特殊勤務手当の見直し」
  • 整理番号 16-(2)-(1)
    「人材育成基本方針の策定」
  • 整理番号 16-(3)-(3)
    「人事行政の運営状況の公表」
  • 整理番号 18-(1)-(1)
    「審議会、委員会等の会議概要の公表の推進」

【資料】
新しいウィンドウで開きます 行財政改革大綱実施計画(改定後) (PDF 71.2キロバイト)

今後も引き続き、行財政改革に取り組んでいきます。

掲載日:2006年11月2日