市税等の滞納者への行政サービス制限を拡大します

本文にジャンプします
市税等の滞納者への行政サービス制限を拡大します

納税などに対する市民の皆さんの信頼を得るためには、特別な理由もなく税金を納めない一方で、行政上のサービスを利用できるという不公平な現状を解消することが必要です。
そこで、米子市では、収納率向上対策の一環として、税負担の公平性を確保するため、「滞納者への行政サービス利用制限拡大強化」を進めています。

平成18年4月から対象となる行政サービス等を順次拡大していますが、平成18年6月から、市営住宅の入居に関してもサービス制限の対象となります。
これにともない、6月分の入居者募集から、入居決定時に市税の納付状況を確認させていただきます。

【参考】

リンク
 … 納付状況を確認させていただいている行政サービス

今後とも市税等の納付にご理解をいただくとともに、納付状況の確認にご協力をお願いします。

なお、市営住宅の入居については、建築課(電話:23-5263)へお尋ねください。

掲載日:2006年5月30日