「米子市市民参画推進指針」

本文にジャンプします
「米子市市民参画推進指針」

…市民と行政が協働するまちづくりを目指して

米子市では、審議会、委員会などで公募制委員の選任を行なうなど市民参画の取り組みを推進してきました。
しかし、現在、さらに市民意識や価値観の変化に応じた施策などを展開していくためには、多様な市民ニーズを把握し、施策などに反映することが重要となっています。
旧米子市では、市役所各部署におけるさまざまな施策形成過程などに、市民参画の手法をさらに取り入れることが必要と考えました。そこで、市職員の意識に市民参画の考えを定着させるために、市民参画の必要性や効果、さらには、具体的な市民参画の主な手法を提示した「米子市市民参画推進指針」を策定しました。
この指針を新市にも引継ぎ、今後も市政の施策形成過程などへの市民参画を積極的に推進しながら、「市民と行政が協働するまちづくり」を目指します。


【資料】
新しいウィンドウで開きます 「米子市市民参画推進指針」 (PDF 80.1キロバイト)


「市民参画」とは…

市の施策形成過程などの計画段階から市民の積極的な参画を促し、多様な意見を計画などに取り入れていくことをいいます。


「協働」とは…

市民と行政が、相互の立場や特性を認識・尊重しながら、共通の目標を達成するために協力して活動することをいいます。

掲載日:2005年4月29日