『よどえまるごと道草日和 2017フォーラム』開催!(平成29年度)

本文にジャンプします
『よどえまるごと道草日和 2017フォーラム』開催!(平成29年度)

このイベントは終了しました

淀江の怪  ―よどえにまつわる不思議な話 伝承・習わしから妖(あやかし)まで―

怪談・民話・風習など、淀江に脈々と伝わってきた地域にまつわる「怪」を知り、新しい魅力を発見し「よどえをもっと好きになる。」イベント、『よどえまるごと道草日和2017フォーラム』の開催についてお知らせします。

※次の画像をクリックすると、PDFファイルが別タブ・ウインドウで開きます。

チラシイメージ
PDF 597キロバイト)

チラシイメージうら
PDF 706キロバイト)

とき

平成30年3月17日(土曜日)
午後1時から4時まで

ところ

米子市淀江文化センター2階 第2会議室

参加費

無料(事前申込をお願いします。)

スケジュール

第一部  講演会(午後1時から2時まで)

講師

東 雅夫〈アンソロジスト・文芸評論家〉
1958年神奈川県生まれ。早稲田大学卒。1982年より『幻想文学』『幽』の編集長を歴任。2011年に著書『遠野物語と怪談の時代』(角川選書)で日本推理作家協会賞を受賞。
著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)『妖怪伝説奇聞』(学研)ほか、編纂書に〈文豪怪談傑作選〉(ちくま文庫)〈文豪ノ怪談ジュニア・セレクション〉(汐文社)の各シリーズ、監修書に〈怪談えほん〉シリーズ(岩崎書店)ほか多数。

演題「地域にとっての"怪談"とは」

人々が怪談・不思議な話を通じて、地域で共有している感情、精神性、そしてその背景にある歴史や教訓。地域に伝わる怪談の魅力について語っていただきます。

第二部 よどえふるさと怪談(午後2時10分から4時まで)

あやかし語り

怪談師 神原リカさんによる、地域に伝わる不思議・怪談の語りです。

語り

神原 リカ〈怪談師〉
怪談のふるさと出身、妖怪の町在住。「妖怪の町の怪談師(非公認)」として活動中。
幼いころに祖母から聞いた不思議な話をきっかけに怪談奇談にのめりこむ。地元の方言を使い独特の空気感を生み出す。

よどえ不思議探訪 ―奇奇怪怪クロストーク―
登壇者

東 雅夫〈アンソロジスト・文芸評論家〉
神原 リカ〈怪談師〉
奥田 晃巳〈よどえまるごと道草日和2017『壁ぬりさんこで舞台デビュー』企画者、淀江さんこ節保存会事務局長〉
田中 崇詞〈よどえまるごと道草日和2017『町史を読む其の弐「路地の名は」』 企画者、元よどえまちづくり推進室・道草日和担当者〉

参加申込方法

 代表者氏名、参加人数を記入の上、次のいずれかでお申し込みください。

※空席がある場合には当日でも受け付けますが、事前申込をされたかたの席を優先することをご承知おきください。

主催

とっとりの文化遺産魅力発掘プロジェクト実行委員会

企画

淀江よりみち部

実施

よどえまるごと道草日和2017事務局〈鳥取県立むきばんだ史跡公園・米子市役所淀江支所・株式会社白鳳・​夢蔵プロジェクト・淀江よりみち部〉​

同日開催関連イベント

よどえ不思議体験・心霊体験聞き取り会

あなたの不思議体験を100円で買い取ります。内容やお話の長さは問いませんが、必ず、体験談であることが買い取りの条件です。

とき:午前10時から11時30分まで
ところ:米子市淀江文化センター2階会議室
主催:神原リカ

よどえ今昔写真展

会場前廊下にてよどえの今と昔を切りとった写真パネルを展示します。

とき:正午から午後5時まで
ところ:米子市淀江文化センター2階ロビー
主催:上淀白鳳の丘展示館

ランチタイムレコード

ミステリアス、不思議をテーマにしたレコードが流れます。

とき:午後0時15分から1時まで
ところ:米子市淀江文化センター2階ロビー
協力:米子市淀江文化センター

『よどえまるごと道草日和2017フォーラム』についてのお問い合わせ先

鳥取県立むきばんだ史跡公園

郵便番号689-3324 鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4
電話:(0859)37-4000

※受付時間は午前9時から午後5時まで(第4月曜日は休園です。)
※お問い合わせの回答にはお時間をいただく場合があります。

掲載日:2018年3月2日