「マイナンバーカード」の交付には申請書の発行が必要です

本文にジャンプします
「マイナンバーカード」の交付には申請書の発行が必要です

「通知カード」は、マイナンバーの提示のみに利用を限定され、本人確認などほかの目的では使用できません。

「マイナンバーカード」は、マイナンバーの提示とあわせて本人確認のための写真付き証明書として利用できるほか、カードに搭載されたICチップに記録する電子証明書を使って、次の公的個人認証サービスにも利用できます。

マイナンバーカードで各種サービスにアクセスするときにはインターネットに接続できる機器とカードリーダーが必要ですが、機器をお持ちでないかたは、市民課に設置してあるマイナポータル専用端末を利用していただくこともできます。

  • e-Tax等の電子申請
  • コンビニで各種証明書の発行
  • マイナポータルの利用

リンク・新しいウィンドウで開きます … マイナポータル
リンク・新しいウィンドウで開きます … 公的個人認証サービスとは(公的個人認証サービスポータルサイト)

マイナンバーカードは即日発行できません。「個人番号カード交付申請書受付センター」に申請してから市役所窓口でお受け取りいただくまでに、1か月程度かかります。初回の発行手数料は無料です。

住民基本台帳カードをお持ちのかたは

「住民基本台帳カード」の新規発行は平成27年12月に終了しましたが、それまでに発行された住民基本台帳カードは、有効期間内であれば使用することができます。ただし、住民基本台帳カードに登録された電子証明書は更新できませんので公的個人認証のサービスを希望されるかたは「マイナンバーカード」の交付申請をしてください。
なお、マイナンバーカードと住民基本台帳カードの両方を所持することはできません。住民基本台帳カードをお持ちのかたがマイナンバーカードを希望されると、マイナンバーカードの交付を受けるときに住民基本台帳カードを返納していただきます。

マイナンバーカードに登録、記載されるもの

  • 表面…氏名、住所、生年月日、性別、顔写真、有効期限
  • 裏面…12桁の個人番号(マイナンバー)、氏名、生年月日
  • ICチップ…表面と裏面に記載された事項および電子証明書など

税や年金など所得の情報や病気の履歴などプライバシー性の高い個人情報は記載されません。

個人番号カード表 個人番号カード裏

マイナンバーカード交付申請書の発行について

マイナンバーカードの交付には、最新の「申請書ID」が記載された専用の申請書が必要になりますのでご注意ください。申請書IDは住所変更など住民票の内容が変わるたびに書き換わり、古い申請書は使えなくなっています。

カード申請書の発行窓口

米子市役所本庁舎1階 市民課4番窓口(淀江支所では受付できません。)

カード申請書発行の受付時間

午前8時30分から午後5時まで(祝日を除く月曜日から金曜日まで)

必要なもの

  • 本人確認書類(コピーしたものは不可)

必要な書類の数

本人確認書類の例

1点でよいもの(官公署が発行した顔写真付き証明書) 運転免許証、パスポート、障がい者手帳、特別永住者証明書、在留カード、住民基本台帳カードなど
2点必要なもの(官公署が発行した顔写真が無い証明書) 健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証、特別医療費受給資格証、年金手帳など

なお、カード交付申請書は、本人または同一世帯のかたのみに直接発行することができます。代理人のかたにお渡しすることはできません。

マイナンバーカードの申請

「マイナンバーカード」を希望される場合は、地方公共団体情報システム機構に申請書を送り、発行されたマイナンバーカードを後日、市役所窓口で受け取ることになりますので即日交付はできません。

郵送で申請する方法

「カード交付申請書」にご自身の顔写真を貼り付け、専用の返信用封筒で郵送します。

スマートフォンやパソコンで申請する方法

スマートフォンで申請書に印刷されたQRコードを読み取るか、パソコンでマイナンバーカード総合サイトのページから「申請用ID」を入力すると登録ページのURLが通知されます。通知された申請者用のウェブサイトにアクセスして、必要事項を入力し、顔写真のデータを送信します。

リンク・新しいウィンドウで開きます … マイナンバーカード(パソコンによる申請)

マイナンバーカードに搭載する電子証明書について

マイナンバーカードには、e-Taxやマイナポータル、コンビニ証明交付が利用できる2種類の電子証明書を搭載することができます。個人番号カードの初回交付の場合は、電子証明の登録の手数料は無料です。マイナンバーカードを申請するときには、電子証明書の不要欄にチェックをせずに申請することをおすすめします。

  • 署名用電子証明書(e-Taxなどを利用するためのもの)
  • 利用者証明用電子証明書(コンビニ証明交付、マイナポータルを利用するためのもの)

リンク … 電子証明書が変わります

マイナンバーカードの有効期限

有効期間は発行から、20歳以上のかたは10回目の誕生日まで、20歳未満のかたは5回目の誕生日までとなります。また、外国人のかたは在留期間満了日といずれか早い日がマイナンバーカードの有効期限となります。

  • 更新手続きは、有効期間満了日の3か月前から有効期間満了日までの間可能となります。
  • 転入や転出の場合には、マイナンバーカードの記載変更手続きをしないで放置しておくと失効する場合がありますのでご注意ください。
  • 国外に転出する場合は、マイナンバーカードを返納していただきます。

マイナンバーカードの交付

カードの交付申請が受理されますと約1か月後に市役所から申請者本人あてに「カード交付通知書」を郵送します。マイナンバーカードそのものは市役所窓口で申請者本人がお受け取りいただきます。原則、やむおえない理由がない限り代理人のかたへの交付はできませんのでご注意ください。

  • 交付の際には、運転免許証などで本人確認が必要となります。
  • マイナンバーの「通知カード」は返納していただきます。
  • マイナンバーカードと電子証明書で使用する暗証番号の設定が必要になります。

住所などが変わったときには

転入や転居などで住所が変わったときや、婚姻などで氏名が変わったときなどには、マイナンバーカードに記載された事項の変更の手続きが必要になります。市役所本庁舎 市民課(4番)窓口にマイナンバーカードをお持ちください。代理人のかたでも手続きはできますが、本人確認書類や委任状が必要ですので、くわしくは市民課届出係(電話:23-5144)にお問い合わせください。

マイナンバーカードを紛失したり盗難されたときは

初回交付された後に、紛失などによってマイナンバーカードを再交付する場合には、カードの再交付手数料が800円、電子証明書の再発行手数料が200円必要です。また、紛失された場合には、最寄りの警察署に遺失届をしたうえで市役所に連絡してください。マイナンバーカードの紛失や盗難によって、マイナンバーが不正に使われる恐れがある場合には、マイナンバーの変更を申請することができます。

掲載日:2017年11月10日