ダニが媒介する感染症について

本文にジャンプします
ダニが媒介する感染症について

ダニに咬まれることで、いろいろな感染症にかかることがあります。
そのうち、日本紅斑熱が鳥取県西部でも確認されました。

日本紅斑熱は、マダニに刺されることで感染し、頭痛や全身倦怠感、高熱といった症状が出て、発疹が全身に広がります。

感染しないために注意すること

  • 野山や畑に出かけるときには肌をできるだけ出さないようにし、帰宅したらよく服をはたいてから入浴して体をよく洗い、新しい服に着替えましょう。
  • 野山などに出かけた後、体にマダニを疑う刺し口が見られ、発熱・発疹などの症状が出た場合は、医療機関を受診してください。
  • マダニがしっかりと体にとりついているときには、皮膚科などを受診してとりのぞいてもらいましょう。

くわしくは、次の参考ページをご確認ください。
【参考】
リンク・新しいウィンドウで開きます … ダニの感染症について(鳥取県ホームページ)

お問い合わせ先

鳥取県西部総合事務所福祉保健局 
電話:(0859)31-9317
ファクシミリ:(0859)34-1392

掲載日:2017年8月28日